2017年5月4日木曜日

【簡単でしょ?】ボブ・ロスの絵画教室の思い出






ボブ・ロスという人をご存知だろうか。

知らないという人の方が多いと思うが、一部には「懐かしい」と思わせる名前ではないだろうか。

知らないという方は覚えて帰っていただけると幸いです。




ボブ・ロスの絵画教室







ボブ・ロスは画家である。


その名を一躍有名にしたのが「ボブ・ロスの絵画教室」である。


1983年から1994年にかけて放送されたテレビ番組である。
日本でもNHK-BSで放送され人気となった。


内容は30分の番組の間にボブ・ロスが絵画の技法を解説しながら油彩画を仕上げていくというものである。


30分限りなくノーカット(少なくともそう見える)で風景画の油絵が仕上がっていくのだが、この絵の完成度が毎回半端ではない。

とりあえず実際に見てもらいたい。












完成した絵を見ると30分で書いたとは思えないのだが、なんせ白紙のキャンバスから絵が完成していく工程をこちらは見ているのだ。ぐうの音も出ない。


日本では石井隆夫さんが吹き替えをつとめていたが、これがまた絶妙でさらに軽快さと愉快さが増していたように思う。


邦題が「絵画教室」だが、常人は決して真似できないレベルである。
※原題は「The Joy of Painting」










ね?簡単でしょ





アフロヘアーが特徴的なボブ・ロス、どう見ても好い人である。
しかも30分描いてている間、とにかく愉しそうなんだこれがまた。


番組の中でもよく使われていて、有名なのが「ね?簡単でしょ」というセリフ。


上の動画でも波を描きながら言っている。


ボブ・ロスの画法として、下地に油分の多い絵の具を塗りたくる。これだけ見るとなんだこれはと思ってしまう。
しかし、そこに絵の具を足したりパレットナイフでいとも簡単には山や針葉樹を描いていくのだ(ボブは雪山と針葉樹好き)。


「ウソー!マジで針葉樹が!」とか「魔法だ!絶対簡単じゃねえ!」などと見ているうちに、あっさり絵が仕上がっていく。


この一見するとデタラメなものが手を加えていくことにアートになっていくという工程がとにかく見てて興奮してしまうポイントである。

パズルが組上がる瞬間を見ているようなのだ。




真っ白なキャンバス




キャンバスの上なら何だってできます。
キャンバスではあなたが主役なんですから。


ボブ・ロスの言葉である。

キャンバスは歌詞にもモチーフとして用いられるこがある。
ポルノグラフィティの"君は100%"でも


「明日」っていつも真新しくて真っ白なキャンバス
思いのまま自由に描いていい


という歌詞がある。


自分は絵はからっきしだけど、30分でいとも容易くて世界を描いていくボブ・ロスの姿には絵を書くことを越えたメッセージがある。


そんなボブ・ロスは95年に52歳の若さでリンパ腫によりこの世を去った。

ボブ・ロスは天国でどんな景色を描いているだろうか。















このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年5月2日火曜日

便意がPain For PleasureしそうになりながらSum41を見たあの夜







※注意:タイトルの通り汚い話が含まれます


たまには思い出話でも。

僕らの青春時代にはいつもSum41の音楽があった。

甘酸っぱい弾けるようなポップパンクに僕らはいつだって夢中になった。




2011年のジャパン・ツアー・ファイナル




そんなSum41だが、2011年の5月28日にZEPP TOKYOでジャパンツアーのファイナルが行われた。

僕の24歳の誕生日の前日である。


その当時の新作「Screaming Bloody Murder」を引っ提げてのツアーであった。
ヴォーカルのデリックがアヴリル(・ラヴィーン)と離婚したり、大阪でメンバーが暴行事件に遭ったり、なにかと不遇な中リリースあれたアルバムである。


セットリストは新作からもプレイされたが、とにかくオールタイムベストのごとく代表曲を惜しげもなく演奏していた。
"Motivation"や"The Hell Song"、"Over MY Head (Better Off Dead)"など青と春の間を一瞬で駆け抜けるような懐かしくも輝かしい曲たち。


後半では"Fat Lip"からの"Still Waiting"というニトログリセリンにガソリンをかけて燃やしたような展開に、場内は狂気と狂喜が入り交じっていた。


僕もまだ前線で頑張れる年齢だったので、カタパルト・タートルのごとく背中を貸してダイバーたちを見送っていた。






※ダイブは禁止だぞ☆


そして本編のクライマックスと共に僕自身にもクライマックスが迫っていた。

は…


腹が痛い。









俺のお腹もクライマックス




映画でもライヴでも普段はわりとトイレ周りの心配はいらないくらい大丈夫なんだけど、この日はダメだった。


お腹が痛い


5月後半といっても夜はそれなりに涼しかった。
待ってる間に冷えたのだろうか。


ライヴなんて始まってしまえば「あと何曲あるんだろう?」「本編もう終わるかな?」なんて考えてしまう。

少しでも多くの曲を少しでも多く聴きたい、それが心情である。


しかし、この時は違った。


「あと何曲あるんだろう?」

「本編もう終わるかな?」


お腹が痛いと正反対の意味となる。


間もなく本編は終了。

本来ならここで人としてトイレに行けば良かったのだが、悪いことにここで一度波が治まったのだ。
引っ込んではないものの、これなら我慢できるというくらい。


密集した前線にいたこともあって、出るのも億劫に。


「あれ?これ大丈夫なんじゃない?アンコール終わったらでいいや」



8分後にこんな判断をした自分を殴りたくなることとなる。



「アンコールまだかな!」


「早く始まってくれないかな!」


別の意味でアンコールが待ち遠しい。



おそらく5分そこらでメンバーは出てきたのだが、体感としては30分以上だった。


アンコール1曲目は"Pieces"。なんてことだ、トップ3に入るくらい大好きな曲だ。
ウ○コ我慢しながら泣きながら唄った。


2曲目"In Too Deep" 。なんてことだ、1番好きな曲だ。
ウ○コ我慢しながら跳び跳ねた。唄った。







この時の僕は何を考えていたのだろう。


大好きな曲2連発でもう思考回路はおかしくなっていたのだろう。

このあまりに楽しい空間から出たくなかったのだ。


万が一のことがあれば、事件である。
テロとすら呼べる。


いよいよアンコールもラストである。


最後はスティーボが歌うあの曲だ。


"Pain For Pleasure"


"快楽のための苦痛"


まさに今の僕ではないか。
いや、こんなマゾヒスティックなことしてる場合じゃない。


演奏も終わり、早く出ればいいもののメンバーを見送り、人並みを掻き分けた。


なぜか僕の足取りは軽かった。


もはや清々しさすらある。


会場そばのトイレに無事にたどり着いて事なきを得たのだった。




余談




トイレを終えて友人と合流。
車に乗せてもらい帰宅の途についた。

帰り道、友人の車は「ここ右折だな」といいながら左折し、首都高から中央道乗るはずが、東北道に乗った。


危うく首都高で24歳の誕生日を迎えるところであった。


23時半くらいになんとか家に辿り着いた。


正直なところ、楽しかったがライヴの細かな内容は全く覚えてない。
それでいて、こういう経験はよく覚えてないいるのだから人間とは不思議なものである。


ということで皆様におかれましても、ライヴの前にはしっかりトイレに行って、万全の状態で楽しみましょう。


僕が言うまでもないですね。


















このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年5月1日月曜日

ブログ一周年記念 人気記事トップ7を振り返ります





当ブログ「飴玉の街」が5月1日を持ちまして、一周年を迎えました。



さっき気付きました。



なので、それっぽい記事をと、急遽突貫工事でこれを書いています。



これを書いてるいま現在で316記事、さすがに毎日更新はできなかったものの、よくもまxこんなに書いたものだ。


ということで人気記事を少し振り返ってみたいと思います。

その前にちょっとだけ裏話を。


以前からブログを始めては頓挫してを繰り返してきたのですが、これだけそこそこの文量を1年間書いてきたのはほぼ初めてです。
昔のはかなり日記よりでしたから。


このブログ元々は「kid in a candy store」という名前で始めたのですが、長くて打つのが面倒という理由で「飴玉の街」に変更しました。


当初は「ギタリストの使用機材を勉強しよう」というのが目的だったのですが、持ち前の一貫性のなさにより、映画、都市伝説なんてものも書き始めて、今となってはジャンル分け不可能と判断して諦めました。


有り難いことにアクセス数は徐々に右肩上がりとなってます。


ブロガーの方々から見ればミジンコみたいなPV数ですけどね。

この1年間、変わったのは文章や言葉に触れるのがより一層好きになりました。
本を読むのもそうだし、好きなライターさんもこの1年でかなり増えました。

言葉ってやっぱり良いですね。


さ、ということでPCだと横に、携帯だと下に出てるんですが今現在の人気記事トップ7を振り返ります。








7位  尊敬してるギタリスト~その9「長岡亮介/浮雲」





個人的に好きであり憧れてるギタリストを紹介する「尊敬してるギタリスト」シリーズ。その第9弾です。

この人のギターはやっぱり大好きですね。プロの方でも長岡亮介に憧れるギタリストは多いですよね。



6位 星野源はなぜ売れたのか、その魅力について







瞬く間にお茶の間に浸透していった星野源。
まさかこれだけ一躍スターダムにのし上がるとは出逢った当時思ってもませんでした。

それだけ急に売れたことから反動でアンチっぽい人も増えたんじゃないかなと思って書いた記事。
できれば↓の記事とセットで読んで欲しいなと思ってます。

【逃げ恥】星野源の才能と魅力と批判について再度考える



5位 イエモン"JAM"の歌詞の意味にまつわる誤解の誤解「乗客に日本人はいませんでした」






去年は彼女さんの影響ですっかりイエモンを聞きまくっていた1年だった。

その中で"JAM"の歌詞については、自分なりに思っていたことがあって。そそういう意見を書いてるの見たことないなぁと思って、紅白で歌うこともあったので書いた記事。

自分の中では歌詞解釈はこのブログの最近のメインコンテンツとなってきてるけど、これが一番ということはイエモン人気はやっぱり凄いと実感した。



4位 【感想】宇多田ヒカル「Fantôme」全曲レビュー









昨年発売したアルバムでも最も重要な1枚。

最近あらためて聴き直したけど、やっぱり凄いアルバムです。
このCD売れない時代にアルバムでミリオンヒットですからね。




3位 尊敬してるギタリスト~その8「菊地英昭(THE YELLOW MONKEY)」







またしてもイエモンの人気スゲーなと思った記事でした。
それにしても知れば知るほどエマさんの魅力にどんどんハマっていきます。

とてもクールな人だというイメージだったのに、喋るとめちゃくちゃチャーミングでビックリした。



2位 【感想 】ポルノグラフィティ「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」







僕はもうポルノグラフィティを中心に生きているので、ちゃんとポルノの記事がきてくれて良かった。

昨年ブログを立ち上げてからは「THE DAY」とこのシングルの2枚、ライヴはTHE WAYのみという活動だったので、ポルノ中心のブログとしては書くことないよなと思う次第。

活動あればもっと書くこと増えるし、アクセス数も増$&#&#%>?*

ポルノさんのここ最近のシングルは本当に凄いと思ってて、ファンじゃない人にも多く届いて欲しいなと願ってます。
"Part time love affair"は大名曲。




1位 イオンモール八王子インター北がオープンしない理由









ここ音楽ブログだよね?


それにしてもやっぱりみんなが気になってるんだなと思う。

これを書いてから今現在までいまだに進展はありません。


一生できないんじゃないかとすら思ってます。



ということでトップ7でした。


次の1年どうなるか分かりませんが、ノンビリ書いて行きたいと思います。
さすがに1〜2日に1記事は厳しくなってきましたが、今年はポルノさんとハルカトミユキのニューアルバムの発売予定もありますので気合い入れて書いてこうと思います。


今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。











このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年4月30日日曜日

ポルノグラフィティ新藤晴一のカフェイン11レポ 2017.4.24放送分 ロックバンドのファンタジー性






今後とも引き続き赤字が自分の意見・感想で書いて行きます。



ポルノグラフィティ新藤晴一のカフェイン11レポ 2017.4.24放送分



オープニングトーク




大型連休まであと一週間。
最大9休。

元々は映画業界から生まれた「ゴールデンウィーク」。

晴一さんはあんまり映画観ないけど最近観たのは「ラ・ラ・ランド」と「WE ARE X」
「WE ARE X」がとても良かったそう。Xはロックバンドのファンタジー性そのものの存在。

隣の兄ちゃんが恋愛の曲を歌うんじゃない、ロックとしての在り方。


そんなロックバンドのファンタジー性の在り方がXにはある。

ドキュメンタリーなのに、ファンタジーだった。



1曲目"惑星キミ"




ゲスト:新人マネージャー



間もなく5月。
新社会人も1ヶ月。どうですか。

5月病というやつだね。

ゲスト;新マネージャー(海老名マスカッツ)

アミューズ入社・ポルノマネージャー1年。


質問:入る前と後のイメージのギャップ。
答え:自分の想像していた社会の厳しさとかの想像を越えていた。

質問:辛い時に乗り越える方法は
答え:自分の目的を思い出す。「音楽が好きでバンド音楽をもっと広めること」

質問:外から見るミュージシャンと、実際に接してみるミュージシャンの印象の違い
答え:ポルノの場合はそんなに買わなかった。クリエイターとしてインプットやアウトプットが自分の想像以上にたくさん情報を仕入れているし、アイデアを持っている。

質問:昭仁の最初の印象
答え:挨拶した時から明るく「よろしく!」と言ってくれてそのままのイメージ。最初は晴一のが怖かった。


質問:エンタメ業界に入る上で覚えておいた方がいいこと
答え:真剣に悩みすぎないで、小さな楽しみを増やすこと。体力。


2曲目"Go Steady Go!"









キツイッター




中国でとうとう自分で作ったロボットと結婚してしまった男が現れた。

今後は家事とかできるように「妻をアップグレードさせたい」



「ラースとその彼女」みたいな話だな。







人口知能が発達したら、プログラミングでない会話ができるようになれば「可愛い」と思うようになるのかも。


晴一さんが物に寛恕移入するのはヴィンテージギターで言えば「この世に1本しかないから」
「でも、結婚はせんもんなぁ。」


コーナー:心のひとりごと。キツイッター

メール:私の名字は"山崎"です。なのであだ名が"ザキヤマ"になりました。なんとかそれをかき消してきたのに、進学に連れて"ザキヤマ"になる。


そんなこと言ったら渡辺さんは"ナベ"さんになるよ。
イヤとなると"ザキヤマ"以上に個性的な新たな特徴印象づけるしかない。


メール:中学の同窓会に行ったら「去年の12月にもやりましたが」と枕詞があったけど、呼ばれてない。


オフィシャルな同窓会でないのでは?
オフィシャルな同窓会は少なくなってきた。50〜60代くらいになるとまた増えると思う。


3曲目"Mugen"
「WORLDILLIA」縛りか。



相談するほどじゃないけど相談室



CDをコンプリートしている洋楽アーティストはいますか?


いるにはいるけど、海外バンドってブート盤とかあるからなぁ。


ビートルズの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」の50周年を記念した6枚組のボックスが発売。
未発表音源が36曲入り。


「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」大好き。だけど、あんまり共感されたことがない。



ビートルズはもはや童謡の域で、そこにその音符があることが当たり前のような曲となってる。



コーナー:相談するほどじゃないけど相談室

メール:タクシーの料金が改正してから、メーターの動きが早まった気がする。


「分かる!」
バスに乗った時は落ち着くのに、タクシーでは本を読もうとかそう思わない。

タクシーあるある「この信号まででいいのに先に行ってメーターが上がる」

今はアプリでタクシーが呼べて、どこを走ってるタクシーが来てくれるかまで分かる。
行こうとしているのは1駅先なのに、2駅先からタクシーが来ると申し訳なくなる。


4曲目"777" THE野党




千葉の名所




名古屋ではレゴランドが開演。
北海道では旭山動物園が徐々に人気が落ちてきている。

「行ったことのない有名観光地」

千葉ではマザー牧場はあるけど、ドイツ村、像の国。


アクアラインは混むときはとんでもなく混む。
収録に間に合わなくなりそうで、そのままギター弾きそうになった。


コーナー:もっと面白い話ないん?

メール:晴一さんはスマホゲームしますか?

晴一:暇つぶしにと思ってパワプロとか「キングダム」とかやったけど、アプリゲームは単純な作業の繰り返しが多くて飽きる。


女性はむしろそういうゲームが好きみたいでずっと続けるっていうよね。


NY行くのにドラクエを買ったけど、昔ほど楽しめなかった。

それはスクエニが悪いんじゃなくて、自分が大人になってしまったということか。



5曲目"くちびるにうた"

名曲だよねぇ。




では今週も閉店です。













このエントリーをはてなブックマークに追加