2017年3月17日金曜日

ポルノグラフィティ新藤晴一のカフェイン11レポ 2017.3.13放送分 モルダーあなた疲れてるのよ








ポルノグラフィティ新藤晴一のカフェイン11レポ 2017.3.13放送分










オープニングトーク



しまなみテレビ後の放送。

明日はホワイトデー。この間バレンタインの話だったのに早い。
大人になってくると一大イベントっぽくはなくなってくる。

ホワイトデーのお返し問題。

これは本当に困る。せめて何かしらの縛りがあって欲しい。


1曲目"君は100%"



We are オーバジンズ!書籍化




「We are オーバジンズ!」の書籍化が決定。
本を「上梓」するだね。

書籍化は決まったが、作品はまだ執筆中。

"12"で終わるはずが、全然終わってない。ドラゴンボールでいうと17号の辺り。

当初終わりは決まっていたんだけど、キャラクターが思い通りには動いてくれないため予定がずれているそう。
中国に行こうとか決めてなかったのに行くことになったとか。

僕は小説を横並びで読むのが苦手なので書籍化を待っていたけど、そこそこネタバレぶち込まれたような。

15万字くらい書いたけど、こっからまだあって20万字くらいになっていく。
小説は大変。

秋発売が決まっているのにまだ終わりが見えていない。


2曲目"777" THE野党


宇宙人はいるか




コーナー:相談するほどじゃないけど相談室


メール:いつか宇宙人と話してみたい。けど実現しないうちに人生が終わってしまいそう

(モルダーあなた疲れてるのよ)

晴一「なぜ話したいのかを俺は知りたい」

晴一さんは宇宙人は「いた」か「いる」か「生まれる」かはあると思っているそう。
60億人の中に自分に似た人だっているのに、この広い宇宙で人類しかいないということはない。地球ができて46億年として宇宙がその何倍も長い歴史がある。100億年だとしても宇宙の歴史の中では些細な長さ。

そもそも宇宙人と出逢えても、大航海時代のように侵略や支配が生まれるのでは。
もし地球人が宇宙で弱い異星人がいたとしたらそれを支配してしまうだろうとのこと。


3曲目"煙"



富士そばとクイズのボツメール



富士そばは好きですか?


そういえばあんまり食べたことないなぁ。
そんなに店舗ごとで個性あるんだ。経営もいくつかに分かれているとのこと。

天下一品も2形態に分かれているらしい。初めて知った。
チェーン店化したものと個人のような店舗があって、個人のはめちゃくちゃマズイみたいなのがあるそう。

色々な組み合わせがあっても「カツ」と「カレー」のようなマッチングがないとダメ。

富士そばは晴一さんはよく行くそう。それは「波がないから」。仕事の合間だと安定感のある富士そばのようなお店の方が余計なことを考えなくて済むとのこと。

晴一さんはセレブなので肉そばを食べるそう。




先週の「クイズ! 私が問題です。」のボツメール紹介。


メール:大学の学祭で演奏する曲はなんでしょう?

1. メリッサ
2. ハネウマライダー
3. 月飼い

ボツ理由は「どれでも嬉しいから」「答えがない」

晴一さんの回答「"ハネウマライダー"はストリングスがキモだしベースも難しい、だからみんなが知ってる"メリッサ"ではないか。答えを送ってください


メール:子どもの頃から梅干しのおにぎりが好きであったがある時を境に10年間食べなくなった、その理由は?

1. なんとなく
2. 種を噛んで入試が抜けた
3. 10年間食べなかったら1億円やると兄に言われた

これも答えが書いてない。


晴一「まぁ2だろうね。斬新だよね。『私が問題です』だから1でも文句言えんけど」


4曲目"ダリア"


田舎と都会



この春上京する君、寂しくなっていますか?


晴一さんは高校卒業とともに上京。田舎は窮屈だと感じてたし、親の束縛もないことに憧れていた。
今、因島に帰ると「しっくりくる」

20代、30代は「東京似合ってる」くらいで自分を過大評価をしていたけど「生まれた時の土と水」のように生物的にしっくりくる。
広島弁で他愛も無い話をしていると落ち着く、住むとまた違うと思う。

それでも若いうちは都会を味わってみるのもいい。


5曲目"東京デスティニー"



ポルノはロックだから「聴きたい奴が聴けよ」と思えるが、作家としては駆け出しなので『We are オーバジンズ!』の宣伝はこれから存分にしていく。







では今週も閉店です。










このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年3月15日水曜日

タワレコのインストアイベントでキョドる、あの感じ






新宿のタワレコを愛用しているが、時折CDなりDVDなりを購入した時にリリースイベントのインストアイベントの参加券を貰うことがある。

定番のスタイルは、閲覧自由インストアライヴの後にサイン会があるタイプである。
インストアライヴは閲覧フリーでCDを買った時に貰う参加券でサイン会に参加できるというものである。


そのサイン会、好きなアーティストなら嬉しいことこの上ないのだが、同時にとても気を揉むイベントである。

そんな話である。








キョドる




サイン会で、サインをしてもらいながら、大抵は一言二言なにかしら会話をする。
そこで何を言うか、悩みどころである。


好きなアーティストであれば「話す」それだけで緊張してしまう。ただでさえ人と話すのか苦手な自分である。
緊張しすぎて完全に初恋の人と話すレベルの舌の回り方になる。


緊張で上手く喋れず「え?」と聞き返されたら目も当てられない。完全にコミュ障だ、俺はコミュ障なのかとさらに焦って更にぐちゃぐちゃになる。


なので待ってる間に頭の中で膨大なリハーサルを重ねる。「こう言おう」とずっと頭の中で繰り返すのだ。


往々にして新作に対するイベントなので、新作の感想を伝えることが多い。あの曲が良かった!とか言おうそう思っても持ち前の本番の弱さにより30%ほどしか気持ちを伝えられない。

そしてサインに喜びながら猛省して帰宅の途につくのだ。


日本人相手でこれである。

だから、これが海外バンドだと、もっと凄まじいことになる。



VS英語



日本語すらままならなくなるのに、英語なんて喋れるわけがないだろう。


最近はそんなに機会がないが数年前はよく海外バンドのインストイベントに行っていたのだ。
ライヴは楽しんだけど、その後なんて話したらいいか分からなすぎて帰りたくなった。


もちろん「Thank U」くらい言えればいいのだが、せっかくなら「お前ら最高だ!はるばる日本にきてくれてありがとう!新作のここがいいね!」くらい伝えたい、言えるわけがない。


以前Motion City Soundtrackという僕のようなヘタレのためのバンドのイベントに行ったとき、ギターのジョシュアに「ピック欲しい!」 としどろもどろ英語で伝えた。

たぶん日本語訳にしたら「あ、あ、ピック、欲し、い、お願い」くらいになっただろう。完全に不審者である。



※イメージ図



結局ポケット探りながら「あ、ごめんよ!(手持ちの)ピックがない!」と謝られてしまった。こちらこそ申し訳ないことをした。


初めて海外バンドのインストアイベントに行ったのはThe Click Fiveというバンドであった。タイトル画像のがまさにそれである。


その時にたまたまZebraheadのTシャツを着ていた(他バンドのTシャツを着ていく怖いもの知らずだった) が、ヴォーカルのエリック(ジャケットセンターのイケメン)にTシャツを指差され「Zebrahead!?Yeah!!」と親指を(ちゃんと上向きに)立てられた。


最高であった。エリックはいい奴である。最初は「このイケメンやろーが」と思ってたのに。

まぁその後すぐにエリックは脱退し、バンド自体も数枚のアルバムの後解散してしまったが。


そのZebraheadも一度インストアイベント行ったけどメンバーみんなめっちゃ良い人たちだった。アリにすごく丁寧に「アリガトウゴザイマス」と言われた。


こんな風に緊張はするものの、普段はスタジオと自室、ステージと客席、テレビとリビングの距離があるミュージシャンと触れあえる機会は本当に嬉しい。SNSの交流とは違う魅力である。

機会があれば是非参加してみてはいかがだろうか。










このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年3月12日日曜日

【妄想】もしポルノグラフィティのトリビュートアルバムが出るとしたら?







ポルノグラフィティのトリビュートアルバムが発売されたらということを妄想してみる。

そもそもポルノグラフィティという存在がトリビュート向きのアーティストじゃないので特段、発売して欲しいということではないのだが、他のアーティストがカバーするとしたらどういう解釈をして演奏されるのかということは気になる。


ということで、このアーティストがこの曲をカバーしたら面白そうだなと想像してみる。
若手から先輩まで玉石混淆になってしまうが曲を挙げてみた。


そもそもが僕の聴いてるアーティストに偏りがあるのでその辺はご容赦いただきたい。


※完全に個人の妄想記事です。









ポルノグラフィティ妄想トリビュートアルバム





・見えない世界/BUMP OF CHICKEN


"カルマの坂"は昔からファンの中でも言われ過ぎているのであえて外した(天の邪鬼)
おかげでスゲー迷ったのだが(本末転倒)、バンプの持つ永遠の青臭さが一番表れているのが"見えない世界"かなと。



・惑星キミ/Perfume


テクノポッブ、テクノポッブ。
あえてテクノポップじゃない曲をPerfumeがカバーしても良さそうだなとも思ったけど、やっぱり素直に聴いてみたくなった。



・リビドー/THE YELLOW MONKEY


艶やかでエロいロックといえばイエモンである。
吉井さんの声で聴く「欺瞞」がどうなるか聴きたい。



・n.t./高橋優


メッセージ性がとても高橋優。うん。高橋優。




・ダリア/斉藤和義


個人的に一番聴きたい。斉藤和義に絶対似合う。




・夕陽と星空と僕/星野源


しっとりと源さんが歌い上げたら良くない?



・朱いオレンジ/ハルカトミユキ


ハルカトミユキがカバーするなら、から考えて行き着いた。




・ラスト オブ ヒーロー/奥田民生


(今よりちょっと若い時の)民生さんの持つオーラが、この曲のテーマ性に合うのではないかと思った。ヒーローである。
実は最初、斉藤和義が合うなと思ってたんだけど、"ダリア"が聴いてみたかったのでこうなった。



・PRISON MANSION/Mr.Children


ほら、歌詞のあそこの部分、ミスチルのことだっていうし。

世間一般からするとミスチルといえばポップソングというイメージだろうが、僕は尖ったミスチルも好きである。




・何度も/藤原さくら


心地よいガットギターの音色と藤原さくらの声室は"何度も"にピタリとハマりそう。

絶対良い。聴きたい。




是非考えてみてください



ということで妄想してみた。


おわかりいただけただろうか。


ラインナップをよくよく見ていくとシングルが1曲も入っていない。こんなマニアックなトリビュートアルバムがあっていいのだろうか。


むしろシングルは「これぞポルノ!」って曲多いから他のアーティストが歌うイメージないんだよなぁ。

逆にポルノにこの曲をカバーして、カバーアルバムを出してもらいたい!という曲も今度考えてみようと思う。






【こんな記事もあります】

【パクリ企画】雑誌 TO THE FUTURE in ポルノグラフィティver.1
【表現】晴一さんの目になって世界を見てみたいと思ってしまう
【感想 】ポルノグラフィティ「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」










このエントリーをはてなブックマークに追加