2017年5月16日火曜日

ポルノ全アルバムレビュー1st「ロマンチスト・エゴイスト」






ポルノグラフィティのシングルレビューをちょくちょく書いてるけど、平行してアルバム感想も書いて行こうと思う。

理由はいくつかある。


最も強い理由は僕があるアーティストをひたすら聴き込む時に他の人の書いたアルバム紹介やレビューがとても参考になったからだ。


ファンならではの目線から見たアルバムレビューはそのアルバムがどんな立ち位置なのか分かって面白い。

同じように自分もポルノグラフィティのベストだけではなくてオリジナルアルバムを聴いてみようと思った人のために少しでも役立てればと思って書く決意をした次第である。


しかし、シングルレビューの時のように1曲1曲あんまり長く書いていると終わらなくなっしまう。なので、1曲ごとはなるべく短めに書いていきたいと思う。

アルバムレビュー特有で☆を付けたりするのはあるけど、個人的には好きではないのでなるべくフラットに書いていきたい。

ただし情報は時にバイアスになってしまうので、初聴は何も知らない状態で聴いた方が良いと思うことを付け加えておく。


ということで最初はこのアルバムである。


ポルノグラフィティ全アルバムレビュー

1st 「ロマンチスト・エゴイスト」














アルバムについて




ポルノグラフィティの記念すべき1stアルバムである。
シングルでは"アポロ"と"ヒトリノ夜"が収録されている。


ファンの間でも根強い人気を誇り、今でもこのアルバムが1番好きというファンは多い。
2016年にはファンクラブ限定でアルバムの再現ライヴが行われた。


ファンクラブ限定であったが、映像作品になっているので、是非チェックしてみて欲しい。






インディーズ時代からの楽曲と、メンバーが東京に出てからデビューまでの2年間に製作された楽曲が収録されいる。
その曲たちはデビュー曲を目指して書かれたものが多いので「全曲シングルカットのクオリティ」での謳い文句はだてではない。

"アポロ"だけじゃないという楽曲の幅広さという魅力も詰まっている。


ジャケットが猫なことはタイトルの「ロマンチスト・エゴイスト」が示す二面性を猫が表していることからである。
"ライオン"や表題曲の"ロマンチスト・エゴイスト"の歌詞にも猫が登場する。

あと個人的になんだけど、ジャケットの左下のバーコードが最初はなんでここ?と思ったけど、今は逆にここにないと落ち着かないし、好きになった。


では曲を見ていこう。



全曲感想




1. Jazz up


「ポルノ」を冠したバンドの1stアルバムの1曲目からドエロソングである。ファンクっぽくホーンセッションを大々的に取り入れている。

イントロのゴニャゴニャ言っているのはメンバーの雑談を3パターンくらい組み合わせたものである。「欲望の火」とか聞こえる。

昭仁さんの初々しくて青さの残るヴォーカルが曲の歌詞ととても合っている。

サビの「Dive in the mother's sky」は子宮のことである。
ぐうの音も出ないほど直球である。

エロが目立つ曲だが、2番の昔の自分と今の自分の対比など、ふと胸に迫るような歌詞も魅力である。



2. Century Lovers



ライヴの定番曲である。
みんなで楽しくFu-Fuする。

因島でライヴを行った際にFu-Fuの「レイザーラモンよ。あんな感じで。」と小学生相手に言っていたのが印象に残っている。


バンドとしてこのディスコ調の曲は最初戸惑いがあったらしいが、結果的にはポルノグラフィティでしか成り立たないような曲になっていると思う。

元々はシングル予定だった曲だけあり、アルバム曲とは思えないくらい気合いが入ったアレンジとなっている。

シングルリリースされなかったのは煽りであるFu-Fuが当時流行していたモーニング娘。の"LOVEマシーン"と似ていたことからリリースされなかったという裏話がある。



3. ヒトリノ夜


2ndシングル。

シングルとしては"アポロ"の陰に隠れてしまいまちだが、人気は根強い。

3曲目にこれが来ると掴みはオッケー!という気持ちになる。


楽曲についてはシングルレビューを参照いただきたい。

ポルノ全シングルレビュー 2nd「ヒトリノ夜」



4. ライオン


インディーズ時代から演奏されてきた曲である。

ツェッペリンをバリバリ意識したドラムで始まる、まんままるでツェッペリンのような曲である。
乾いたスネアとギターリフがカッコイイ。

歌詞のレディライオンは晴一さんの視点から見た当時の女子高生のことだという。


インディーズ時代にNHK BSのコンテストで演奏しようと思っていたら「ライオン」が商標登録に引っかかるのでNGになったというエピソードがある。



5. 憂色〜Love is you〜


ピアノのアコギをフィーチャーしたアルバムの中で唯一といっていいバラードソング。

食べかけの夢の雫
君を酔わせたから
思い出の後先
見失ったりして


がとても好きなフレーズ。

その後に続く「耳が痛くなるくらい~」のCメロは晴一さんが歌詞を書いてる夢を見て、そこで書いていた歌詞だとテレビでコメントしていた。


2005年に行われたC1000タケダのキャンペーンの招待制ライヴ(倍率高くて僕は落選した)で披露されたが、それ以降演奏される機会はほぼなかったが、前述のファンクラブイベントで久しぶりに演奏された。



6. Heart Beat


数少ない本間さんが歌詞を手掛けた曲。

何気にライヴですごく盛り上がる。

コメントなどを見ていると当初は本間さんの歌詞がもっと多くなるはずだったが、晴一さんの歌詞が良く採用される機会が増えたのかなと思う。

「いろんなコトをさあ一緒にはじめよう」という歌詞だったり、本間さんからポルノグラフィティへのエールとも受け取れる。



7. マシンガントーク


ライヴではモンキーダンスするのが定番。

実際は披露される機会が減っていたのと、恥ずかしさからライヴでやってる人が意外と少ない。

しかし、ファンクラブライヴの際はみんな迷いなくやりまくってて「ファンはスゲーな」と思った。

あとサビのGOOD TIMEで上下、BAD TIMEで左右に腕を切るように振るという謎の振りがある。

これも本間さんが歌詞を手掛けている。



8. デッサン#1


後のアルバムで#3まで創られることとなるデッサンシリーズ、その最初の曲にあたる。

ポルノグラフィティ、新藤晴一の歌詞はフィクション性の強い歌詞が特徴だが、このデッサンと銘うたれたシリーズは実際にあったで出来事を、まさにデッサンのように書き写していることが特徴である。

インディーズ時代からあった楽曲で、インディーズver.では「どうか教えて たった一つセロリが嫌いなことだけ」という歌詞であり、それが妙に印象的であった。

かなりキーの高いヴォーカルだが、2014年の横浜スタジアムで久しぶりに披露された時には昭仁さんは原キーで歌い上げた。聴いてる方が震えてしまうほど圧倒的な歌声であった。
ヴォーカリストというのは人によっては年々衰えてしまうこともあるのだが、この人のストイックさはやはり凄いものがある。



9. アポロ(New Apollo Project Version)


シングルとの違いはイントロでアポロの発射時の音声が追加されていることと、アウトロが音が途切れる形に変わっている。

詳細についてはシングルレビュー参照。

しかし"アポロ"が収録されているということで、1stアルバムとしての注目度が上がったことは間違いない。


ポルノ全シングルレビュー 1st「アポロ」
アポロ歌詞解釈~変わらない愛のかたち探してる



10. ラビュー・ラビュー


アルバムの中ではかなり異色な曲。

晴一さんがこの曲の製作において「Tamaがやたらオシャレな曲を作ってきた」と語っていたように、テンションコードが効果的に使われている。

作曲において「7thを使うとオシャレ」と訊いた人はこういう曲を参考にすればいい。

ブラスやストリングスのアレンジも相まって華やかな曲になっている。

ポルノグラフィティの中でも随一のノロケソングであり、こんな彼女を持ちたいという男は多い、はず。



11. ジレンマ(How To Play "didgeridoo" Version)


2ndシングルのカップリングナンバー。
アルバムではオーストラリアの民族楽器である「ディジュリドゥ」がイントロに使われているバージョンとなっている。

今でもライヴの最後に演奏されている定番曲である。

詳細についてはシングルレビューと歌詞解釈も以前書いているのでそちらも合わせてどうぞ。


ジレンマ歌詞解釈~ジレンマが示すもの




12. リビドー


アルバムで唯一昭仁さんが歌詞を書いている。

タイトルの「リビドー=性欲」が表すように、本間さんの曲に昭仁さんが乗せている言葉は熱が伝わってくるほどの"行為"である。


舌先に残るザラつき 絡ませ合おう

早急じゃないと愛なんて消えそうで


など、晴一さんとまた違う昭仁さんの歌詞の魅力がある。
昭仁さんの歌詞には"主観性"が強く出ているのが特徴ではないかと思う。

重いハードロック調で曲もカッコイイ。



13. ロマンチスト・エゴイスト


デビュー前の本間さんと出会う前にできた曲。
唯一メンバーと本間さんではない方が曲を書いている。

昭仁さん曰く「君たちにはUKロックみたいなのが合うんじゃなかな」という提案から創られたそうだ。言われてみると確かにオアシスっぽいアプローチである。

作曲したRyo(吉俣良)さんはドラマ音楽なども手掛けている人だ。


「意味はよく分からないけど不思議と心に残る」ということで採用された、


ロマンチスト・エゴイスト・ツナグ・コバルトブルーのアーチ


という歌詞など、晴一さんらしさが随所に見られる名曲。


ということで「ロマンチスト・エゴイスト」について書いてみました。
短くなるわけがなかったですね。


【関連記事】
【感想】FANCLUB UNDERWORLD 5 Live in Zepp DiverCity 2016 DVD/blu-ray love up!限定版
ポルノグラフィティ's ヒストリー chapter.0「前置きと目次」
【妄想】もしポルノグラフィティのトリビュートアルバムが出るとしたら?
《前編》ポルノグラフィティ岡野昭仁という才能を褒めちぎる記事











このエントリーをはてなブックマークに追加
 

0 件のコメント:

コメントを投稿