2016年6月11日土曜日

新藤晴一使用機材~ホワイトファルコン編

晴一さんの使用機材。

今回は世界で最も美しいギター。

Gretsch / ホワイトファルコン




晴一さんがblogで綴ったとおり かなりのヴィンテージものみたい。







・Gretsch/グレッチ というメーカー

まず、グレッチというメーカーについて。名前は有名だけど、実はどんな特長があるかというと説明できないって人多いんじゃないだろうか。俺はできない。

まず、グレッチといえば箱物ギターというイメージじゃないでしょうか。
そして、とにかく見た目が美しいのが特徴だ。ホワイトファルコンは「世界で一番美しいギター」と称されるのも納得がいく。

個人的にはテネシーローズが好きだけど。
ギターというものはまずルックスが良いことが大切な楽器である。このルックスを見れば飾って酒飲みたくもなるでしょ?
どちらかというと、リードギターとしてではなくヴォーカリストがアコギから持ち替えとして使用するイメージが強い。
あまり歪ませずにストロークでコードを弾くイメージ。

なぜかというとグレッチのフィルタートロンピックアップが低出力なのにノイジーであることらしい、ということで歪ませるとヤバい。しかも箱ものだからハウリングもある。
じゃじゃ馬すぎねぇか?保育園児の遠足くらい大変そうだ。
そしてアンプ次第ではペチペチとした決していい音とは言えないサウンドとなる。

しかしながら、相性の良いアンプで鳴ったときにはグレッチでしか得られない独特のサウンドとなる。それに魅了されたギタリストも多いはずだ。

グレッチ愛用者は海外ならブライアンセッツァー、日本なら浅井健一辺りではないかな。

・いつ見れるの?


けど、晴一さんのギタープレイ見てると、リードギターとしてもかなり優秀だよね。

ポルノでは"ウォーカー"、"Mr.ジェロニモ"、"Mugen"、"空蝉"辺りで使用されていた。特にウォーカーのしゃがれた感じとても良いよね。
ちなみに僕は「ポルノグラフィティがやってきた」ツアーはチケット全然取れず行けなかった。うぅ。トラウマが…

なので「OPEN MUSIC CABINET」のツアーで見て以来かな。それ以降見たかなぁ。記憶にない。

blogにあったように、大掛かりな大手術を乗り越えたようなので、この間のツアーでいよいよお披露目かと思ったら、全然出て来なかった。
元々アルバム「RHINOCEROS」用にと調整(という名の大手術)をしたけれど、結果的にレスポールを使用したそうだ。アルバムを聴けば、確かに納得。

だけど、その生まれ変わった姿見てみたい。次はいつ生で見れるのだろうか。

シリーズ一覧


新藤晴一使用機材

ギター
  1. レスポール(1960年製)編
  2. テレキャスター編
  3. Sagoギター編
  4. ポール・リード・スミス編
  5. ES-335(クリス・コーネルモデル)編
  6. レスポールカスタム(1958年製)編
  7. ホワイトファルコン編
  8. レスポールJr. TVイエロー編
  9. ストラトキャスター編(1)

アンプ
  1. マーシャル JCM800編
  2. Kemper Profilling Amplifier編
  3. Marshall 1974X編
エフェクター
  1. KLON ケンタウロス編
  2. FREE THE TONE GIGS BOSON編+レビュー
  3. Providence VELVET COMP VLC-1



このエントリーをはてなブックマークに追加







2016年6月10日金曜日

iPhoneをライヴハウスにしようぜ オススメ音楽再生アプリ「StagePass」



みなさん音楽は何アプリで聴いているでしょうか?


  • iPod
  • iPhone
  • ウォーズマン
  • ウォークマン
  • その他音楽プレーヤー
  • スマホ
  • 肩にラジカセを担ぐ

僕はiPod touchを愛用している。 今回は僕の使っている音楽再生のアプリを2つ紹介しよう。 どちらも有料ながらとてもオススメです。
アプリダウンロードへの優しいリンクなどない、探すのだ。






UBiO






まぁ、そこそこ有名どころだが。 高いヘッドホンやイヤホン検討するならまずこれを入れろと言いたい。それくらい音質が劇的に変わる。 独自の音質改善がシステム化されており、通常の再生プレーヤーよりも各楽器がよりクリアに聴くことができる。

価格は450円。高いかどうかはあなた次第。

スタバの新作 ベイクドチーズケーキフラペチーノとか610円とかすんだぞ。
480Kcal。
言いたいことは分かるな?

個人的な意見だが、これ使うと本当に通常の再生では物足りなくなる。
今自分はSONY製の5,000円するかしないかのイヤホン使っているが、これでもかなり違いが分かる。

もちろんだが、良いイヤホン・ヘッドホンで聴いても素晴らしい。所有してるマーシャルヘッドホンで聴くと耳が幸せになる。

ちなみに僕はもう二年半くらい愛用してる。

StagePass





UBiOは音質の向上であるが。こちらはまた違った一面で魅力的な音楽再生のアプリだ。
UBiOはそこそこ有名なので、今回この記事書いたのはこれを書きたかったからと言っても過言ではない。

サンプリングされたデータを元にアメリカのライヴハウスの音質を再現してくれるのだ。

わけが分からない?落ち着け。今分かるように書いていく。

アプリを立ち上げるとまず会場を選ぶ画面が。





そこで会場を選び、あとは音楽プレーヤーとして使うだけ。

この会場ではこういう音の響き方をするというデータをアプリが持っているので、さもその会場で聴いているかのような音質で聴けるのだ。

僕はアメリカのライヴハウス行ったことないのでその再現度が全く分からん。


会場ごとに結構クセがあるので好きな会場を探しながら聴くのもいいだろう。

個人的にはFirst AvenueとLibaty Hallがオススメ。

何が凄いって普通のCD音源流してもライヴ音源に聞こえるのだ。

会場によってリヴァーヴが強かったりやたら低音が強かったり、ガシャガシャした音になったり。

EQもしっかりあるので良いですよ。

さり気なく「プレイリスト」が「セットリスト」になってるのも面白い。


このアプリの発想がとても素晴らしいと思ってね。

これ、日本でも作ろうよ。絶対良いじゃん。

  • 日本武道館
  • 新木場スタジオコースト
  • 渋谷QUATTRO
  • イオンモールのエスカレーター下
  • タワレコ新宿店7F

とか絶対楽しい。

お願い、誰か作って。他力本願。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 







2016年6月9日木曜日

尊敬してるギタリスト~その5「マシュー・ベラミー(MUSE)」


尊敬してるギタリストシリーズ、第5弾である。

個人的には満を持してという気持ちで、今回はこのお方を紹介しよう。
本日が誕生日!ハッピーバースデー!

マシュー・ベラミー(ミューズ) / Matthew James Bellamy(MUSE)







分かってる彼があくまでもヴォーカリストだということは。

しかしながらその辺のギタリストには負けないほどのギタープレイを誇っているのだ。









プロフィール



1978年にイギリスのケンブリッジで生まれる。

あだ名は王子。とファンの間で勝手に呼ばれている。


ギターもさることながら、マシューは幼少からクラシックピアノもやっていたため、ピアノが上手い。というかコンテストで優勝もしている。

だからか、ミューズの曲でもバカみたいに派手な展開の曲の最後にノクターンを入れるなんてことをしてのける。

ライヴでも必ずと言っていいほどピアノを弾く曲をセットリストに入れている。


裏声を多用することが特徴で、その派手な音楽性とボーカルでデビューしたての頃はレディオヘッドが引き合いに出されていた。

しかしながらアルバムごとに着実にミューズとしての確固たるスタイルが築き上げられ、今ではロック界において唯一無二のモンスターバンドとなった。

私生活では女優のケイト・ハドソンと結構していたが2014年に婚約を解消している。
前に「アメリカン・アイドル」の客席に観覧来てた時には仲良さそうだったけどな。



プレイスタイル



得てしてスリーピースバンドというものは、歌いながら弾くためシンプルに演奏をまとめてしまうことが多いが、マシューは実に多彩なギタープレイを見せている。

ついでに言うと、意味不明で理解不能なパフォーマンスを見せることもある。

それをスタジアムで、ミューズがやるから恐ろしい。

個人的に好きなのはグラストンベリーでのこのパフォーマンスだ。






↑ 3:12〜 とことこと回り始めたと思ったら歌い出しまでにピッタリ一周回って戻ってくる。

カッコイイかこれ?


いや、グラストンベリーという舞台の、しかもヘッドライナーとして(しかもこれが初のヘッドライナー)やってのけるから凄いのだ。

プレイとしては、ファズを多用している。時折ワーミーペダルも使うが、なんにしてもたまにどうやって音出してんだよというばかりだ。

それにしても、ギタリストという目線で見ても大変面白いバンドだ。本当に大好き。



使用ギター




マシューはManson Guitarsというメーカーのオリジナルモデルを愛用している。

例によって、ギターについては別途調べようと思う。

簡単に書いておくと、ギターにファズを埋め込んだり、Korgのカオスパッドを埋め込んだりしている。あとはライヴ終わりに投げ捨てたり、会場外のゴミ箱にぶち込んだりする。


頭がおかしい








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年6月8日水曜日

【レポ】斉藤和義「LIVE TOUR 2015-2016“風の果てまで」日本武道館 day.1





斉藤和義のツアーの追加公演となる、日本武道館2daysの初日に行ってきた。

追加公演ではあるが、まだツアーは終了していないためネタバレ注意



僕は斉藤和義のライヴを見るのは2回目だ。初めて見たのは源さんを知ったテレ朝ドリームフェスティバルだった。

本当に良い日だった。

単独公演は見たかったけど、なかなか機会に恵まれず、今回ようやく見れることとなった。
アルバム「風の果てまで」を引っさげた64公演+武道館2公演という長いツアーだ。







今回のライヴは通算で60本目となる(合ってる?)

真壁陽平(guitar)
山口寛雄(bass)
堀江博久(Keyboard)
玉田豊夢(Drum)

という布陣で重ねてきたライヴだけあって、60本目ともなるとバンドの結束力がかなり強まり、斉藤和義とサポートメンバーではなく、しっかり5人のバンドとなっているように感じた。

玉田豊夢さんはポルノのレコーディングにも何曲参加してるよね。

ギターの真壁さんは以前とあるイベントで見たことあって、斉藤和義のライヴに参加するのかと驚いた。

ライヴはアルバム曲を中心に進めたセットリスト。



・セットリスト

  1. あこがれ
  2. ワンダーランド
  3. 君の顔が好きだ
  4. 攻めていこーぜ
  5. ウサギとカメ
  6. 夢の果てまで
  7. Player
  8. tokyo blues

  9. シンデレラ
  10. 青い光
  11. Summer Days
  12. アバリヤーリヤ
  13. さよならキャディラック
  14. 傷口
  15. やさしくなりたい
  16. 歩いて帰ろう
  17. 何処へ行こう
  18. 時が経てば
EN-1.Endless
 EN-2.マディウォーター
 EN-3.ずっと好きだった
 EN-4. ベリー ベリー ストロング

かなり長尺の"青い光"は圧巻だった。
  一転そのあとの"アバリヤーリヤ"は長尺アレンジだけど、とても和やかな雰囲気に変わったりとても面白い。縦一列に並んで千手観音だったりEXILEのアレやったり。

"ウサギとカメ"のアニメーションも良かった。

新しいアルバムの曲が全体的にカラッと乾いたアメリカンロックのようなので、砂漠のイメージのステージセットも良かったね。最初と最後では後方に旗が立っていた。

日替わりの弾き語りコーナーは「せっかく東京なので」ということで"tokyo blues"に。

個人的にはアルバムでは"傷口"がとても好きで聴けて嬉しかった。
"やさしくなりたい"、"歩いて帰ろう"、"ずっと好きだった"辺りの定番は、やはりイントロから歓声が大きい。

最後は"ベリーベリーストロング"本当に大好き!めちゃくちゃ嬉しい。
僕は伊坂幸太郎が好きなので、このコラボがとても嬉しかったんです。初めてせっちゃんのCD買ったのも実はこのシングル。


・MCは基本的には下ネタばかり


いえーい。
ツアーここまで60本やってきたけど、全然飽きることなく楽しくやれてる。
それでもやっぱり武道館は特別な場所。
今日はみんなノーブラなんですかね。
(弾き語りコーナーで)みなさん座ってくださいね。僕も座ります。50歳になると椅子があると助かる。
50歳になったけど、まだ衰えてない。
たぶん日本の同年代の中で一番オ○ニーしてる。
さっきから野郎の声しか聞こえない。20代の女の子いますか?(若い女の子の手や声が挙がる)。お、結構いますね←嬉しそう

ことあるごとにチ○ポ。メンバー紹介でもみんなにチ○ポチ○ポ言ってる。
最後には

あー、えー、なんでしたっけ。都知事、え?あ、舛添さん。大丈夫なんですかね。しっかりやって欲しいですね。

急に時事ネタを笑

・使用ギター

Gibson Kazuyoshi Saito Signature Model Les Paul Antique Gold
Gibson Kazuyoshi Saito Signature Model KS-330
Gibson J-45
Fender Telecaster 1974年製(BLACK)

辺りをよく使ってたかな。

シグネチャーモデルのギターどれも良いよな。

黒のテレキャスターはこのモデルかはちょっと分からない。

どうやら武道館2日目の様子がWOWOWで放送されるようなので、見ながら思い出したら追記します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


2016年6月7日火曜日

占いで見るミュージシャンの性格~ポルノグラフィティ編





血液型占いや星座占いを信じますか?
僕は人並みに信じてます。

血液型占いは血液型自体には根拠はないけど、小さい頃から「この血液型はこういう性格」と決められて育つことで、実際その性格を意識するようになる、というのは信じている。
その結果、占いに近づくされる。






話は変わるが、売れるミュージシャンに必要なものは何か。

楽器の実力?
たくさんの練習?
良い曲を書くこと?
人脈?

僕は「運」だと思う。


人脈を築くためにはその人と繋がる運がいる。
もちろんその前段で上に上げた要素も必要となるけどね。

しかし「売れる」という点に絞れば、やはり最後は運となるだろう。実力で売れるならミュージシャンは苦労しないのだ。

いくら良い曲を書いて、いくら実力があっても売れないミュージシャンはたくさんいる。個人的にはそういうミュージシャンに光が当たって欲しいと思うばかり。

いつも通り前置きが長くなったが、ミュージシャンは良い星のもとに産まれてるのではないかと思った。


ということで血液型×星座の組み合わせの性格診断でミュージシャンを見てみよう。
こちらのまとめさんの結果を参照させていただきました。

最初はせっかくなのでポルノ。


・岡野昭仁/ポルノグラフィティ


1974年10月15日生まれ 天秤座 A型


基本性格


人との調和と協調性をとても大事にする天秤座。
社交的で気配りもでき人からたいへん好かれます。
しかし、言い換えればそれはまわりからよく見られたいという思いの裏返しでもあります。
周囲に流された生き方をしたあまり、気づいたときには自己が希薄なことに気づいてショックを受ける人もいるかもしれません。
とはいえ、天秤座の美的感覚は天性のもの。ファッションセンスや芸術的才能に恵まれアーティスティックな方面で活躍する人も多いです。何か自分が信じれるものを一つもっていると人生が豊かになるでしょう。



天秤座A型の特徴

  • マイペース
  • 人に好かれやすい
  • 表面的には社交的
  • 人がいい
  • 面倒くさがり
  • 表には出さないが焼きもち焼き
  • 恥ずかしがりや
  • 気を使って人に合わせる
  • 恋愛に対して臆病
  • 熱しやすく冷めやすい
  • 平和主義
  • プライドが高い
  • 意外と嫉妬深い
  • へこみやすい
  • 一人でいたり落ち込んでいる人に優しい
  • 気が多い

・新藤晴一/ポルノグラフィティ


1974年9月20日生まれ 乙女座 A型


基本性格

聡明で純粋な心の持ち主です。 仕事ぶりは丁寧でミスが少なく、細かいところまで気が届くので上司からのウケはとてもよいでしょう。 意外と気が強く、人の好き嫌いが激しいです。完璧主義なためか他人への評価も厳しく、若干批判的な面があります。 とてもデリケートで不正や不潔なものには激しい拒否感を示しますが、困っている人や努力している人には暖かい手を差し伸べられるとても優しい心を持っています。


乙女座A型の特徴



  • ツンデレ気味
  • ロマンチスト
  • 好きな人の世話を焼くのが好き
  • 悩み事は自分で解決しようとする
  • 惚れっぽい
  • 包容力のある人が好き
  • 堅実で几帳面
  • 妄想癖がある
  • 一度好きなると一途
  • 純粋で繊細な心をもってる
  • 用心深い
  • 頑固な面がある
  • 喜怒哀楽が激しい
  • 好き嫌いがはっきりしている
  • 男性を立てる
  • しっかりしているようでちょっと抜けてる



一概に合ってるとは言えないまでも、昭仁さんは基本性格が、晴一さんは特徴が当てはまってるような気がしないだろうか。 特に昭仁さんは生まれたときからすでにアーティスティックな側面を宿しているということになる。


こういう結果を見ると星には不思議な力があるのかもしれない。

お暇な時に自分の好きなアーティストを調べてみてはいかがだろうか。










このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年6月6日月曜日

ギターボーカルに負けるな!リズムギタリスト特集 part.2




リズムギター(サイドギタリスト)特集Part.2

part.1は こちら から

意外と調べていて楽しかったので気が向いたらいつか続きをやるかも。

さて、後半3人です。









フランク・アイイアロ(マイ・ケミカル・ロマンス) / Frank Iero (My Chemical Romance)







僕らの青春第二弾。みんな大好きマイケミである。

なんか今回解散してたりとか脱退してたりしたのばっかりになってしまったな。

名字がイエロだと思ってたらアイイアロが正しいらしい。

マイケミはチリチリギタリストことレイ・トロがリードギターだ。

フランクは身長小さいのもあるせいか、あまり目立たない。明らかにマイキーのが目立ってる。でもマイケミには欠かせない要素だよね。


フランクはエピフォンのギターを愛用している。当時の若者の絶大な支持を見逃すわけはなく、エピフォンから Wilshire Phant-o-maticというアーティストモデルも発売した。カッコイイね。

ちなみに現在はLeather Mouthというバンドでボーカルを務めて頑張っているようだ。



セバスチャン・ルフェーヴル(シンプル・プラン) / Gaétan-Jean Sébastien "Seb" Lefebvre Pépin,(Simple Plan)







僕らの青春第三弾。

ここまで脱退してたりバンドが解散してたり散々だったが、シンプル・プランは今のところメンバーの入れ替わりもなく、解散の気配もない。安心と信頼のバンド。

シンプル・プランのリードギターはツルツルハゲことジェフ・スティンコ。段々悪口みたいになってきた。
メインギターは以下のように使い分けている。


ジェフ→テレキャスター
セバスチャン→セミアコ


という構図かな。 セバスチャンのはFramusというメーカーのものらしい。
あんまり訊き馴染みのないメーカーなので、今度調べてみるか。

ポップパンクには欠かせない疾走感はセバスチャンのギターによるものが大きい。



田原健一/ Mr.Children








知ってる。田原さんがリードギターということは。
“innocent world”のイントロを考えたということも知ってるんだ。

でも、どうだ。

主要なリードギターの役目かなり桜井さんじゃない?

ここ最近のミスチルの大ヒット曲“Starting Over”イントロはやっぱり桜井さんが弾いてる。





なんならわりと桜井さんがギターソロ弾いてんぞ。


まぁまぁ。慌てるな。まだ慌てる時間じゃない。

田原さんdisってるわけじゃない。むしろ俺は田原さんのギターが大好きなんだ。


こんなに目立たないリードギターが、いていいのか。


限りなくサイドギター寄りの田原さんたけど、いつも堅実なプレイだ。花道で弾きながら口ずさんでる姿を見てみろ。

一時的本当にレコーディング参加してんの?ってくらいギターが目立たないアレンジになって存在感が消えてたけど「RIFLECTION」で返り咲いてくれて嬉しかったんだ。

なかなか目立たない存在でありながら、バンドに欠かすことのできないギタリストたちだ。


最近の日本ではギターボーカルが当たり前に近い存在となっている。負けるなリズムギタリストよ。
















このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016年6月5日日曜日

ギターボーカルに負けるな!リズムギタリスト特集 part.1




今の時代、少しでも音数を詰め込むことが正義とされている。


これだけ情報が溢れてる時代、音楽においても1曲の中の情報量が増えていく。


ギターにおいてもそうだ。

かつて「PANORAMA PORNO」発売時に晴一さんはこう言った。


今の若いアレンジャーはポルノを自分なりに解釈してボーカルとギター両方立てようとしてくれてる。
なので、ギターを何本も重ねたりしてるので、ライヴでどのフレーズを活かすか迷う。



そう、今の時代3〜4本ギター重ねるのは当たり前なのだ。むしろそれが最低ラインといえる。

となると、必然的にライヴで再現するには同じ数ギターがいる。それは無理でも、最低でも2本は欲しい。

リードギターともう1人はリズム担当のギタリストを置くか、ボーカルが担うケースが大体だろう。最近の(所謂)ロキノン系でもボーカルがリズムギター担当してるケースがかなりだ。

今回は前者。リズムギター(サイドギター)担当のギタリスト特集だ。前置きが長くなった。


花形のリードギターの陰で支えている限りなくベースに近い存在だ。

ちなみに僕はナウでヤングな若者なので90年代以降のバンドから選出してる。










エド・オブライエン(レディオヘッド) / Edward John O'Brien(Radiohead)







レディオヘッドで男前担当(彼の場合はイケメンよりも男前という表現が似合う)

特にギターに興味がないジョニー・グリーンウッドの陰で淡々と演奏をしている。

ギターだけでなく、エフェクターでギュイギュイいわせたり、パーカッション叩いたり何かと忙しい。
あと身長がデカい、しかも背筋がピンとしてるので余計デカく見える。トーテムポールかな。

この特集の最初に紹介しておいてなんだけど、レディオヘッドにおいてはリズムギターとはまた違うかな。

レディオヘッドだと結構な率でトム・ヨークがサイドギターの役割を担ってることが多い。

エドはどちらかと言うと空間系のエフェクターを多用したプレイが特徴。
アルペジオといえばエドという印象。


レディオヘッドというモンスターバンドで、トム・ヨークとジョニー・グリーンウッドという変態の横でバンドを支えている。レディオヘッドがあれだけ色々な音楽性を持っていてもバンドとして成り立っているのはエドのおかげだと自分では思っている。

こんなタイトルにしたけど、レディオヘッドに限っては全員のスキルが異常。



クリス・ロバーツ(フューネラル・フォー・ア・フレンド) / Kris Coombs-Roberts(Funeral For A Friend)







もう解散が発表されているので紹介するか迷った。しかもバンド後期でクリスはリードギターになっている。

しかしながら自分にとっては素晴らしいサイドギターだったことに変わりはないので取り上げた。


リズムギターがクリスでPRSの白レスポールタイプを弾いていた。
そして脱退してしまったギタリスト版のポール・ダノことダレンもPRSを使ってリードを弾いたのが僕にとってのFFAF。

しっかりバンドに音圧を与え、今ではリードの役割をしっかり果たしている。
それに伴いなぜかベースだったギャビンがリズムギターにコンバートし、ベースには新メンバーという謎の采配となった。


全体的に小綺麗なメンバーに対してちゃんと髭モジャというビジュアルでハードロック感を出している。

それにしても解散は本当に残念だ。サイン入りのCDは大事にしておくよ。



スティーヴ・クライン / Steve Klein (New Found Glory)








我が青春NFG。
しかしながら2013年にスティーブは脱退。

好きだったのになぁ。


NFGは基本的にはチャドがリードギターを担い、曲を書くほどバンドの要である。その上僕らの永遠のアイドルであるPRAMOREのヘイリーと今年結婚。爆発しろ。

そんなチャドの横でリズムギターを弾いている。正直目立たなすぎて顔がパッと出てこない。ごめんよ。
横にいるイアン↓がインパクトありすぎるのだろうか。






チャドが黒のレスポールを弾いているのに対して、スティーヴはFenderのカスタムショップのジャズマスター(なのか?)を愛用。
マスタービルダー製だった気がする。インタビューで見た記憶があるのに思い出せない。

何かと目立つメンバーの中で彼は淡々と楽しそうにギターを弾いていた。そんな彼は、もういないのだ…

part.2へ続く









このエントリーをはてなブックマークに追加