2016年12月31日土曜日

新藤晴一使用機材~Gibson ES-345編







ずいぶんと久しぶりになってしまった晴一さんの機材紹介シリーズ。

忘れてなんかいないよ また逢えて嬉しい(IN THE DARK)

これまでそこそこ書いてきたからネタがなくなり、取り上げられるのがマニアックな機材ばかり増えていくのでどうしようかと。

しかし、そんな2016年。

晴一さんは新しいギターを手に入れた。

ということで機材紹介としては今年最後になる今回はそのギターを取り上げよう。


Gibson ES-345 1965年製













オトナの誕生日プレゼント






ここからは心の中で各文末に「ちっ」もしくは「けっ」と付けながらお読みください。


カフェイレのメールでもよくある質問ですが「大人になって良かったって思うことはありますか?」ってやつ。恋するウサギちゃんは永遠のセブンティーンです。
リアル・サーティスリーの僕がはっきり答えましょう。
それは
「食べたいと思ったものが思った時に食べれた時!」
これに尽きます。


と、昔々の晴一さんは書いていた。今は、ね。帰る家があることだし。

そんな晴一さんだから、自分への誕生日プレゼントにギターくらい買うさ。

あなたつい数年前に「家宝」とか言ってレスポールカスタム買ってたじゃん。






でもまぁ、ショウバイドウグだしね。ハセキョー怒らないのかな。

ともかく、晴一さんが今年の自分の誕生日に自分で買ったギターである。

めちゃくちゃカッコええ。

大人はズルい。

ちっ。

あ、自分で言ってしまった。


※「ちっ」と付けるのここまで



ES-345というギター



さて、このES-345というギターに迫ってみたいと思う。

Gibsonが1959年頃に発売したモデルである。

ES-335の上位モデルとして発売された。

ES-335を踏襲しつつ、金属パーツがゴールドになっていたりビグズビーが付いてるのがあったり見た目が豪華になっている。


そしてサウンドの面で最大の特徴が「バリトーン・スイッチ」の導入である。

バリトーン・スイッチとは簡単に言えば「ローカット」を調整するスイッチだ。
1~6まで段階的にローカットの度合いが調整できて、数字が上がるごとにハイが強くなる。

ちなみに低くて良い声の人のことを「バリトン・ボイス」というのを訊いたことがある人が多いんじゃないかな。
バリトンは「テノールとバスとの間の男声音域」のこと。この音域を調整するものということだね。
※英語で「バリトーン」、仏語で「バリトン」となる

ES-335はその甘いサウンドが魅力である。しかし、なのであまりキレのいいカッティングをするようなギターではない。
しかしバリトーン・スイッチを調整することで音に張りが出るようになる。

なので上手く使えばかなりサウンドの幅が広がるのだ。

動画を貼るので、実際に耳でご確認ください。






そういえば、晴一さんはこの間のYOSHIKIさんとの対談のセッションで使用していたけど、大変素晴らしい音色だった。
早く生で見たい。

ということで来年、期待しております。


[追記]
今気付いた。このギター思いっきりカープカラーやん。


では良いお年を!


☆ギタリスト使用機材


ギター
  1. 新藤晴一使用機材〜レスポール(1960年製)編
  2. 新藤晴一使用機材〜テレキャスター編
  3. 新藤晴一使用機材〜Sagoギター編
  4. 新藤晴一使用機材〜ポール・リード・スミス編
  5. 新藤晴一使用機材〜ES-335(クリス・コーネルモデル)編
  6. 新藤晴一使用機材〜レスポールカスタム(1958年製)編
  7. 新藤晴一使用機材〜ホワイトファルコン編
  8. 新藤晴一使用機材〜レスポールJr. TVイエロー編
  9. 新藤晴一使用機材〜ストラトキャスター編(1)
  10. 新藤晴一使用機材~エレガットGibson Chet Atkins CEC編
  11. 岡野昭仁使用機材~ES-335編
  12. マシュー・ベラミー使用機材〜Mansonギター編
  13. トミー・エマニュエル使用機材~Matonギター編

アンプ
  1. 新藤晴一使用機材〜マーシャル JCM800編
  2. 新藤晴一使用機材〜Kemper Profilling Amplifier編
  3. 新藤晴一使用機材〜Marshall 1974X編
  4. 新藤晴一使用機材~Two Notes / Torpedo Live編
  5. 岡野昭仁使用機材〜Orange Rockerverb 100編
  6. ジョン・メイヤー使用機材~Two Rock編
  7. ジョン・メイヤー使用機材~Dumbleアンプ編
  8. 菊地英昭(エマ)使用機材~アンプCAE/OD-100編
  9. 星野源使用機材〜SHINOSアンプ編

エフェクター他
  1. 新藤晴一使用機材〜KLON ケンタウロス編
  2. 新藤晴一使用機材〜FREE THE TONE GIGS BOSON編+レビュー
  3. 新藤晴一使用機材〜Providence VELVET COMP VLC-1
  4. ジョン・メイヤー使用機材~Keeley Katana boost編
  5. 機材紹介〜ZOOM MS-100BT MultiStompレビュー
  6. Noah'sark / AC/DC-1 パワーサプライ使用レビュー








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月30日金曜日

近所の飲食店ほど行かないって持論を考えたら人生哲学に行き着いた






突然だが、あなたの自宅の近所には何があるだろうか。

コンビニ、飲食店、ディスカウントストアなど。

「家の最寄のコンビニは52km先です」

って人はすみません。今回はお呼びでないです。


僕の家の近所にもいくつかコンビニや飲食店があるのだが、今回は飲食店にスポットを当てたい。

テーマは「家の近くにある飲食店ほど行かない」である。



近いのに行かないココイチ問題



たとえば、僕の家の近くにCoCo一番屋があるのだが、今の家に引っ越してきた9歳から20年間、29歳に至るまで2回くらいしか行ったことない。
未だに実家暮らしなのは置いておいて欲しい。

別にカレーが嫌いだったり、ココイチに親を殺されたわけではない。

ココイチは外ではたまに食べる機会がある。たとえばつま恋でポルノのライヴがあったときにホテル周辺に飲食店がなくて友人と「掛川で餓死」というワードが頭を過ぎっていたときにあったココイチはまさに砂漠のオアシスであった。ホントは掛川のココイチなんだが。

しかし、近所にあるとトンと行かなくなってしまう。存在は知っている、日々当たり前のように通り過ぎるときに匂いで「あーカレーだな」ということは感じている。

でも「夕飯ココイチにしよう」という案が出たことがない。

なんかこれと似た気持ちあるなぁと考えた時に思い浮かんだのが、高尾山であった。










観光地に住む地元民はその観光地に興味がない



「観光地に住む地元民はその観光地に興味がない」という話を訊いたことがないだろうか。


世界有数の観光地の京都だけど、家から5分のところに清水寺があってもその住人はきっと清水寺に興味が持てないのだ。
むしろ毎日押し寄せる観光客にお土産やさんでもなければ鬱陶しいことこの上ないだろう。

僕は八王子に住んでいるけど高尾山に対して観光地だということも、素敵な場所だとも思ったことがあまりない。
それは小さい頃に遠足で行った場所だったり、わざわざ遠くから来る場所か?と思ってしまうからである。

でも行ったら行ったでビアガーデンで「ビール美味え!」と言ってるが。

まさに「観光地に住む地元民はその観光地に興味がない」の例と挙げられる。

こういうことを考えると、よく「家の近所に○○出来たらいいよねぇ」って話をするけど、いざ出来てしまうとあんまり行かなくなってしまいそうな気がする。



人間は近くの幸せを見落として生きている




そう、人間は近くにあるものこそその存在を気にかけなくなってしまうのだ。

上手くいっていない夫婦関係とかはそういうこともあるんじゃないか。

だからこそ近所にある高尾山やココイチに見向きもしなくなってしまう。

これではいけないではないか。

本当に大切な人はいつもそばにあるのに気付かないのだ。

綺麗なバラを見ながら足元の四葉のクローバーを踏み潰しているのだ。

近所のココイチを思っていた僕は思わず人生で大切なものを得ることができた。

辺りを見渡してそんな幸せを取りこぼさないように生きていこう。

でもココイチには行かない。


【関連記事】
【あなたとコンビに】増えるファミマ、消えゆくサンクス 僕の思い出とともに









このエントリーをはてなブックマークに追加
 

【映画】オアシス:スーパーソニック あらすじ&ネタバレ感想






映画「オアシス:スーパーソニック」を観てきた。

ということで、簡単にネタバレ感想を。



あらすじ




2009年に解散したイギリスの世界的ロックバンド「オアシス」の初のドキュメンタリー映画。「オアシス」の中心メンバーであるリアム&ノエル・ギャラガー兄弟への新たなインタビューのほか、バンドメンバーや関係者の証言、名曲の数々をとらえた貴重なライブ映像、膨大なアーカイブ資料をもとに製作。1991年に兄ノエルが弟リアムのバンドに加入して「オアシス」が結成されてから、2日間で25万人を動員した96年の英ネブワースでの公演までの軌跡を追った。ギャラガー兄弟と、「AMY エイミー」でアカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞したアシフ・カパディアが製作総指揮に名を連ね、「グアンタナモ、僕達が見た真実」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したマット・ホワイトクロスが監督を務めた。










感想(ネタバレ有)




ストーリーはオアシス結成~ネヴワース公演を行うまでに至った過程を追ったドキュメンタリーである。ギャラガー兄弟を中心とした周囲のメンバースタッフのインタビューと、秘蔵映像と共に進んでいく。
インタビューはあるが音声のみである。

秘蔵映像だけあって、初めて目にするような映像もかなり多い。特に前進バンドThe Rainのライヴ映像なんかたまらないだろう。
ここで披露されているオリジナル楽曲が中途半端に良い曲なもんだから困る。

「Be Here Now」の再販盤は未チェックだったので"All Around The World"の初期verも聴けたの嬉しかった。

あ、あと「ドラッグなんて紅茶を飲むようなもの」発言も動画では初めてみた。






ノエルが加入し、アラン・マッギーに見出されデビューしてからの過程は正直それなりのファンなら、かって知ったるオアシスの姿であったと思う。

ギャラガー家の父親を巡るいざこざ、アメリカでの挫折なんてのも、やっぱりよく知ってるよなってエピソードであったし。

それなのにインタビューまで挟んで丁寧に描いているので、テンポもあんまり良くないなぁというのを感じてしまった。ライトなファン層向けかとも思ったけどそもそもオアシスをあまり知らない層からしたら、逆にこれで分かるか?という感覚があった。

ということで、コアなファン向けかライトなファン向けかどっち付かずに納まってしまったなぁというのが感想である。

ストーリーのテンポ感についてはおそらく自分の好みと違ってたって程度なので、あくまでも個人の感想です。


オアシスのファンサイトでこれらのエピソードを含む内容を書いているサイトさんがあって、僕は昔からよく読ませて頂いてたんだけど、個人的には映像で見るよりこっち読む方が面白かったりする。

ギャラガーズヒストリー
http://riagemnoe2002.nobody.jp/history/history.html

幼き兄弟
http://riagemnoe2002.nobody.jp/history/osanaki1.htm


3rdあたりまで書かれてるけど、面白エピソード満載でさらっと読めるけど読みごたえある。

僕はこのサイトさんが好きすぎて「のえっ!と怒り」とか「のえのえ歩く」とかのフレーズが大好きすぎて、未だに読んで笑ってしまう。

個人的にはネヴワースの映像を大画面で観れることを楽しみにしていたけど、"Champagne Supernova"の演奏映像があったくらいだったのが残念だった。
演奏に関してはライヴ映像やテレビ出演時のが挟み込まれている。






間違いなくオアシスの姿はカッコイイ、映像も面白いのが揃ってる、演奏もフルじゃないにせよそれなりに要所要所で見れる。
なのに今一歩物足りなさを感じたのは何故だろう。

そんな文句を言いつつ、最後に流れた"Champagne Supernova"にはすっかり感動してしまったけれど。あの曲は無条件で涙腺に直撃する。そこから"The Masterplan"でエンドロールなんだから、卑怯だ。"The Masterplan"がエンドロールにピッタリすぎて怖くなる。


途中でのリアムの「観客が興奮して歌っているのを仁王立ちで見ていた。最高の気分だった」というような発言がものすごくカッコよかったし、リアムのカリスマ性が本当によく出てる映画だったと思う。






"Don't Look Back In Anger"はもちろんオアシスの最高傑作とも言える曲だけど、やっぱりリアムの不在が問題になってしまうので、そういう意味で僕はオアシスと言えば"Champagne Supernova"と思ってしまうのだ。それか"Acquiesce"。

あと、しっかりトニーを殴りたくなるように控訴しているトニーを流したのは爆笑した。

トニーと言えば、爆音上映で見た恩恵で音に関しては文句なしだったけど、アラン・ホワイトが加入してからの方が明らかに演奏がタイトになっているのも面白い。

あの頃のエピソードを描いているのにBlurには一切触れられないのにもちょっと疑問ではある。
逆にギャラガー兄弟が音楽を志すキッカケになったThe Stone Rosesのことも出なかったので、他のバンドについては意図的に除外したのかなと。

けど、まあ見終わって「あ、やっぱオアシスって最高だわ」って思ってしまった僕はやはりこの映画の虜になっていたのだろう。





解散とは



ここからは余談。

バンドの解散というのは悲しいものだ。好きなバンドのものなら尚更だろう。

僕もオアシスというバンドには思い入れが強いので、解散した時には当たり前だが悲しかったし寂しかった。

その気持ちは到底文字に起こせるようなものではなかった。もちろん「あーやっぱり」とか「あーとうとう」いう気持ちもあったけど。
解散直前の来日公演も見てたしね。

音楽好きをやっていると、本当にたくさんのアーティストの終焉を見る。中にはヴォーカルが逮捕されて解散なんてのもあった。イアンは絶対許さない。


SMAPの話題については触れたくなかったけど、明らかにファッション的に解散悲しいみたいなツイートしてる人がいて、なんだかなぁと思ってしまう。分かるよね本当に惜しんでる人とそうでない人との差が言葉から。

それは僕自身の経験もあるし、それだけたくさんの人の本気で入れ込んでいたアーティストの終焉を迎えられた瞬間の感情を見てきたこともある。

国民的な存在であったし、悲しむことは決して悪いことではないし、それを言うために資格がとかいうつもりもない。
ただなんとなく周りの雰囲気だけで悲しんでツイートしてるなら、それは悲しみじゃなくてただの同調なんだと。

そんなことを考えてしまった。












このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月29日木曜日

イエモン"JAM"の歌詞の意味にまつわる誤解の誤解「乗客に日本人はいませんでした」









THE YELLOW MONKEYを代表する曲"JAM"。
2016年の紅白でも歌われる予定の曲だ。

この曲の歌詞についてよく揶揄されていることがある。

それは、


外国で飛行機が墜ちました ニュースキャスターは嬉しそうに
「乗客に日本人はいませんでした」
「いませんでした」「いませんでした」


という部分。

この歌詞を額面どおりに受け取っている人、それに反論している人などが多くいる。
しかし、どれもいまいち自分の考えと合わない。

こんな90年代に散々言われたであろう事項を、それこそ紅白で初めて聴く中学生とかがちょっと覚えた知識でTwitterにでも書いてしまったら将来的に書いた本人がとても可哀想なので、解釈を書いてみることにした。








歌詞に対する指摘記事について



まず指摘内容について、要約すると。


海外の事故などでの「乗客に日本人はいませんでした」というのは、大使館などに問い合わせが殺到しないようにしているための配慮である。


ニュースで伝える内容としてはこれが紛れもなく「事実」である。

しかしながらその部分だけを切り取って浅はかな指摘をしている記事がたくさんあるのだが、果たしてそれで終わらせていいのだろうか。

こういう上っ面だけ切り取って批評して得意になっているような人たちが嫌なんだよ。

歌詞というものの性質について、思慮しなければいけないのだ。



誤解の誤解




しかし"JAM"でこのフレーズを使っていることの意図は別にあると僕は思う。

この曲で主人公はずっと暗い部屋で鬱蒼とした気持ちを抱えている。
ただひたすらに君への想いを切々と歌って。

ここで1つ定義しなければならないのだが、歌詞というのは「正論を振りかざすもの」ではない。


そして"JAM"における歌詞とはあくまでも主人公の主観に基づいているものなのだ。


「この世界の片隅に」はまさにそんなストーリーであった。
劇中で時折誇張した映像となるのは主人公すずの目を通した世界だからである。


"JAM"の主人公も同じではないのだろうか。
暗くした部屋でそのニュースを聞いたこと、それが主人公にとっての全てなのだ。

つまり、世間一般での「正しさ」ではなく、主人公の中での「正しさ」が歌われている。
そしてその憤りは社会にではなく自分自身に向けられているといえるだろう。

というかそもそも指摘記事書いた人間が額面どおり受け取るなら「前前前世から君を探してた」って歌詞にちゃんと「そんな訳ないだろう」って指摘したんだろうな。




本質



話はそれるがポルノグラフィティに"∠RECEIVER "という曲がある。その中でこんな歌詞がある。


雨が家を沈め 波が町ごとさらった 奪った
大地は揺れて避けた 人はうろたえるだけの無力さよ


この曲は3.11の震災の1年前に発表されたものである。

震災のあとにファンの間では様々な憶測がめぐっていた。もうお蔵入りになってしまうのではという内容が主だったものだ。

しかし、震災から半年経ったライヴでポルノはあえてこの曲を演奏した。

それはこの曲の本質がそういった災害や悲劇から逃げないで受け止めるという決意が歌われていたからだ。


何が言いたいのかというと"JAM"について上記の歌詞が取り沙汰されるが、この曲の本質はそこではないということだ。


この曲の本質は主人公の男が自分が本当に求めているものを見つけることにある。
ニュースキャスターのコメントはキッカケとなる要因であって、たとえ他の出来事に取って変わっても何ら影響はないのだ。

そんな社会の中での悲劇がキッカケで主人公は自分にとっても大切なものがなんであったかに気付くのだ。
その大切なものこそが「いませんでした」の先にある歌詞で、それこそ単純明快な答えなのだ。

なんだかんだ言われても紅白は影響力高いので、少しでもこの曲が意図せぬ批判を受けるのが嫌なので今回言葉にした。


【関連記事】
【感想】パンドラ ザ・イエロー・モンキーPUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIEを観た
TVの中のロックスター、憧れと現実











このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月26日月曜日

【疑問昔話】桃太郎のおばあさんはどうやって川から桃を拾い上げたのか







昔話やおとぎ話を真面目に考えていくといくつも不可解な点が出てくる。

そんな疑問を書いていくシリーズ「疑問昔話」
「日本昔話」と同じイントネーションで読んでください。

まずは、ド定番である桃太郎を取り上げたい。

ちなみに桃太郎は桃を食べて若返ったおじいさんとおばあさんが燃え上がってしまい桃太郎が産まれたという話もあるが、ここでは定番の桃太郎を基準とする。








おばあさんのスペック高過ぎ問題







物語の始まりから不思議で仕方ないのだ。

この際に誰が桃を流したのかということは置いておきたいのだが、完全に育児放棄である。
いくら寓話とはいえ、子ども向けの話で育児放棄を扱うのは果たしていいのだろうか。

ひと昔前は犯罪が起きるとホラー作品などが槍玉にあがる時代であった。
もし桃太郎読んだことのある母親が育児放棄をして子どもを捨ててしまう事件が起きてしまったら、桃太郎は悪影響を与えるものとは言えないだろうか。

まぁ、ここまで書いたがその問題は置いておこう。


川で洗濯をしているおばあさんのもとへ桃が流れてくる。
そしておばあさんが拾うわけなのだが、ゆくゆく桃太郎と呼ばれる赤子が入った桃である。

赤子であるからには3kg前後は重さがあるはずで、しかも川を流れてくるのだ。

昔話なので年齢と健康状態については考察が難しいが、川で洗濯できるくらいなので、そこそこは元気なおばあさんということになる。
だが、川に浮いている3~4kgの物体をおばあさんが持ち上げるのはかなり困難ではないか。

今のように栄養ばっちりな食生活をしているとは到底思えない。ということはそれなりに足腰も弱っているはずなのだ。下手をするとおばあさんがドンブラコしてしまう。

そこからと実はおばあさんの身体能力はとても高スペックだったのではないだろうか。

その証拠として、この世界では鬼が牛耳っていることを念頭におかなければならない。

桃太郎が唐突に鬼退治すると言い出したことからも、それなりに悪さを働いていることになる。

そうすると、おじいさんはそんな危険な世界にも関わらずおばあさんを1人で洗濯に行かせたということになる。
スラム街だったら普通そんなこと出来るはずがない。僕はおじいさんが無神経すぎると思っていた。

しかし、おばあさん身体能力が高いのであれば、その放任ぷりも納得なのである。

もはやおばあさんも鬼倒せるんじゃない?



宝物の行方問題







いきなり結末になってしまうが、最後の展開についても疑問がある。
鬼が桃太郎に討伐されるという重大なネタバレが含まれるためこの先はネタバレ注意だ。

よし、ネタバレしても大丈夫だろう。
最後はこう締め括られる。


そして三人は、宝物のおかげでしあわせにくらしましたとさ。


待て待て。


宝物は誰のものだったのだ。

生活からも間違いなくおじいさんとおばあさんのものではないことが明らかである。
でなければ、おじいさんは芝刈機使ってるし、おばあさんもドラム式の洗濯機くらい使ってるだろう。

ということは、鬼が積み上げてきた宝物か町民などから奪ったものということになる。

なぜおじいさんとおばあさんがおこぼれに預かっているのだろうか。

これでは完全に窃盗ではないか。いや、強盗か。

奪われたものだから、奪い返せばいいという話ではない。お前らの宝物ではないだろう。

1番の鬼はこの人たちではないだろうか。


桃から産まれたからには桃太郎の出生届は出されていないだろう。
拾った子どもを我が物顔で育てたあげく、AK-47くらい持たないと立ち向かえなそうな鬼の本拠地へ行くのに持たせたのは団子、そして奪った宝物で暮らす。


こんな人たちが寓話の主役として描かれていいのだろうか。

だって『三人は』である。命を賭けた猿、犬、雉はどこへ行ってしまったのだろう。

めでたしめでたし、なんて言っている場合じゃないのだ。


ということで第1回は以上。

第2回は「浦島太郎から何を教訓として得ればいいか分からない」を取り上げようと思う。










このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月25日日曜日

ジョン・メイヤー使用機材~Paul Reed Smith編







ジョン・メイヤー(John Mayer)が好きである。

けど、最近のライブの状況とかはすっかり見ていなかった。

どうやら2017年はじめに新しいアルバムを発表するらしい。


ジョン・メイヤー、来年にもニューアルバムをリリース


数々の女性とのロマンスが取り沙汰されてきたジョンは、新たなお相手を見つけようとしているようで、「また恋人を見つける気マンマンさ。これまでになく大人になった気分なんだ」「お膳立ては整ったからどっかでかわいい子に出会うのを楽しみにしているよ。今はシングルだけど将来が楽しみだね」と語った。


は?


さて、そんなジョン・メイヤーの最近の傾向。
先日知り合いの楽器屋の店員さんが「最近ジョン・メイヤーPRS使ってるんだよねぇ」と言われた。

ほぉ。いよいよフェンダーにも愛想尽かされたか。
どうやら一足早く新しいロマンスを見つけたようだ、ってやかましいわ。

ちなみにジョン・メイヤーはグレイトフル・デッドと共にDead&Companyというバンドをいつの間にか結成して活動していた。
やばい、海外の音楽事情に全くついていけてない。

ということで、そんなこともありつつ今回はジョン・メイヤーのPRSに注目してみようと思う。














PRS ジョン・メイヤーモデル



さて、いよいよPRSを見ていこう。

実はいつの間にかPRSはジョン・メイヤーモデルを発売していた。


Gear Otaku: PRS とジョン・メイヤーがコラボ
限定100本のPrivate Stock Super Eagle 発売


世界限定100本だそうだ。


というか2014年にフェンダーと契約解除してたのね。

さて、日本で見てみたらイシバシ楽器で取り扱いがあった。






Private Stock Brazilian #6225“Super Eagle”
http://www.ishibashi.co.jp/sale-event/15712


ひゃ、190万円!?


マジかよ。下手なヴィンテージものより高い。

しかし、細かく見ていくと、仕様が凄まじい。上記サイトより抜粋しよう。


電装系にもこだわりが詰まっています。ピックアップは特別に巻いた58/15 JM Treble と同Bass という2つのカバードハムバッカーに加えて、シングルサイズハムのNarrowfield JM を搭載。これら3つのPU は個別のミニスイッチでコイルタップが可能です。


パッと見ではピックアップはHSH配置かと思ったけど、センターはシングルコイルサイズのハムバッカーらしい。

そして、全てのピックアップがスイッチングでハムバッカーとシングルコイルを切り替えできるとのこと。
ということはピックアップだけで27パターン組み合わせが出来るということになる。天才か。

更にはトレブル・ブースト付きJCF Audio製プリアンプが内蔵されているとか。

ただでさえ全部俺のお茶、いやオールマイティーなPRSに、ここまでやったらなんでもできそうだ。世の中のエレキギターの役割の8割くらいカバーできそうだ。
ホロウボディ仕様もいいし、バーストの見た目も素晴らしい。

誰か190万円くれないかなぁ。



使用映像



では、動画で音を聞いてみよう。














最後は本人のギター紹介動画。







マジかよ超良いじゃねか。


サンタさん、来年待ってます。


メリークリスマス。








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月24日土曜日

恥をかくシーンが苦手という"共感性羞恥"と共感について本気で考える





少し前に話題になった「共感性羞恥」というものについて。

話題になったし、あちこちで取り上げられてたので知ってる方も多いだろうけど、自分なりに書いていこうと思う。



共感性羞恥とは



「怒り新党」で取り上げられて、そこからTwitterをはじめネットで話題が広がっていった心理的な状態。

具体的には映画、ドラマ、アニメなどで「これから登場人物が失敗したり、恥をかいたりするシーンが苦手」というものである。
かなり大雑把な要約だが、ほぼこのような内容のことを示す。

ちなみにこの心理を持つ人は10人に1人と言われている。

ということなのだけど、その"恥"も様々である。

・主人公がこの後失敗して恥をかくのが分かると目をそらしたくなる
・フィクションに限らずドキュメンタリーでも苦手
・ドッキリ
・主人公が孤立してしまう展開

など例を挙げるとキリがなさそうなのでこの辺で。

ということなので「SAW」シリーズ見て『あー痛そうー』と思うのは、たぶん違う。








自分のコンプレックスの裏返しか



さて、多くはないけれど確実に一定数存在する「共感性羞恥」なぜこんな心理状態になるのだろうか。

1つ理由として思うのは自分のコンプレックスの裏返しだと思う。

上に挙げた例などの条件でその人物に「共感しすぎてしまう」というのは、自分を重ねてしまうからだ。

この「共感」という言葉がクセもので、SNSを筆頭に使われている「共感」は本当の共感ではないという話がある。

臨床心理学の方が書いている記事を引用したい。


ふつうの「共感」と、心理学の「共感」


普段、私達は、これらの感情や思考の動きを、「共感した」などと言います。

しかし、心理学で言う「共感」とは本質的に異なるものです。

もしも、あなたがクライエントに対して、「うんうん、わかるよ。」と言ってあげることが共感であると考えているのなら、それは大きな誤りです。
あなたはクライエントの何を分かっているのでしょうか。


「共感」という言葉は、もともと、「感情の共有」を意味します。相手が苦しいときに、「相手が苦しい」と理解するだけでなく、自分も苦しくなる体験です。共感の感覚としては、「まるで◯◯のように感じる。」という表現が使われたりしますね。

クライエントの感情を共有するということは、セラピストが、クライエントの気持ちを限りなく正確に汲み取るということになります。「まるで◯◯のように感じる。」という言葉は、「完全に◯◯になることはできないが、限りなく◯◯に近い感情になる。」という意味です。一瞬たりとも、セラピストとクライエントの感情は混じり合わないのです。クライエントの感情に巻き込まれずに、自分の感情をできるだけクライエントのものと近付けていく。これが非常に難しいからこそ、臨床心理士は専門家であるのです。


簡単に、「わかるよ。」と言ってしまう人がいます。でもそれは、多くの場合は「わかったつもりになっている」だけなのです。性格も考え方も、生活環境も全くちがう人が、そんなに簡単に分かるわけがないのです。

臨床心理士指定大学院 対策ブログ


この内容からも本当の「共感」とは表面でなくもっとその対象の内面に踏み込んだところにあるものである。

僕は「共感性羞恥」というのはその経験を限りなく近い形で追体験してしまうからではないか。
それは主にコンプレックスではないだろうか。

僕のことで言えば人前で恥をかくということがとても辛い。いや、得意な人も多くないだろうけど。その気持ちが強いからこそ、そんなシーンが僕も苦手なんじゃないかと思う。

ちなみに僕は瀬尾まいこの「幸福な食卓」がとても好きなのだが、特に映画版での合唱の練習で佐和子が孤立してしまうシーンが苦手で飛ばしたくなる。関係ないが、この映画の時の北乃きいは凄まじく可愛い。






急に自分が当事者にさせられる恐怖心




「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」


言うまでもなくニーチェの言葉であるが、この言葉が近いように感じた。

僕はライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフルの映画批評コーナー「ムービーウォッチメン(シネマハスラー)」が好きだけど、たまにこんな表現が出てくる。

映画をそれまで絶対安全な場所から観ていたはずなのに、あるシーンでいきなり当事者にされる恐怖。

ちょっとニュアンスは違うかもしれないけど、大筋は合ってるはず。

なかなか上手い例が思い浮かばないけど最近だと映画「何者」があった。

僕は「何者」の拓人が終盤迎えるシーンはこの「共感性羞恥」の究極的な体現シーンだと思っている。
僕はもちろん胸が痛いシーンであった。


自分にとって安全圏から観ていたはずの作品で突然そんな自分の急所をふいに突かれるからこそ、心に迫ってくるのだ。

この急に自分が当事者にさせられる恐怖心が「共感性羞恥」の本質ではないだろうか。









このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月23日金曜日

【ブラック企業問題】好きなことを仕事にすること






今年のニュースの1つにブラック企業にまつわる話がある。

電通については置いておいて、週刊文春とユニクロ問題の話題を例に挙げたい。

一応経緯をまとめると、


ジャーナリストの横田増生氏が著者『ユニクロ帝国の光と影』を出版し3万部を超えるセールを記録

ファーストリテーリングに名誉毀損で訴えられる

ユニクロの柳井氏に「悪口を言っているのは僕と会ったことがない人がほとんど。うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたい」と言われる

横田氏は名字を変えユニクロ(ビックロ)新宿店で一年間アルバイトとして潜入

告発を週刊文春に掲載

アルバイトを解雇される


というものだ。


この話ネットでは賛辞が送られ、ジャーナリストの鑑だという話題が飛び交った。

しかし、この一連の騒動の中で1つ大切なことが抜けている。

それは「横田氏は洋服を売ることを喜び」としてないということである。









好きなことを仕事にするということ



ブラック企業というものの基準が変わってきている。今では労働時間が長いことが1つの定義であるが、本当のブラック企業とは元々残業が多いが手当てがつかない、休日勤務しても手当てがないというものではなかったか。

長時間労働というのは確かに辛い。

しかし、それは自分にとっては好きなことをしていない拘束時間に起因する。

よく「好きなことを仕事にする」という言葉があるが、一般的にブラックとされることでも、本人が本当に望んで好きなことであればブラックと言い切ることはできないのではないか。

僕には兄がいるが、アパレルで仕事をしている。
そして学生時代にはまさにユニクロでバイトをしていた。

昔から洋服が好きで、一度アパレルでない小売りに就職したもたのの、転職して今は某アパレルで正社員として勤めている。

それくらいの人にとっては、長時間の労働はブラックであると言い切ることができるだろうか。

おそらく、兄にとっては時間が短くても僕のような事務仕事してる方が苦痛だろう。
※一応捕捉しておくと、兄の勤め先の労働条件はしっかりしているところである



週7日働いてもブラック企業と感じさせない人




例えば、週7労働ということがあったとする。

これだけ見ると完全にブラックであるが、僕はそれをブラックと感じさせない人間を1人知っている。


僕のお世話になっている楽器屋の店員さんである。
お世話になりすぎて、僕はこの人にいくら落としたのか分からない。


某楽器店の店員さんなのだけど、とにかく凄い人である。

どれくらい凄いかと言えば、会社としては出世させたいけど、本人が「いや、俺はお客さんと向き合う仕事したいから」と言って未だに店頭に 立ち続けているくらい。
そして、社長にも一目置かれ買い付けを任されているくらい。


知ってる人はこの段階でわかるレベルの人。


この人はとにかくギターが好きな人である。

たまにふらっと顔を見せると「いらっしゃいませ」すら言わないうちに90万円のギブソンのレスポール(ヒスコレ)を手渡されるくらいだ。
店員と客ではない。もはや友達ノリだ。


さらっと中古の車くらいなら買える金額のギターを渡すんじゃないよ全く。


この人はとにかくいつでもギターを弾いている。
客にギターを薦めるが、それは自分が弾きたいからである。


僕が買ったストラトを購入した時はもはや自分の娘を嫁に出す親のような目で見られた。
たまに調整で持っていくと「やっぱ良いっすね!」と言いながら延々と弾いている。


いつもギターを通してお客さんと関わる仕事がしたいと、言っていた。


彼は週7日働いていても、元気だろう。
そんな店員さんを労基でとらえても、僕はブラックとは言えない。ていうか、たぶんこの人休みの日も結局ギター弾いてるから。


音楽のエンジニアの人もかなり拘束時間が長いように、レコーディングのドキュメンタリーを見てても思うけど、みんな楽しそうだ。

もちろん労働基準を満たすことは大切だが、本当に生き甲斐となっているこの人たちを前にしたら、一概にブラック企業と言い切ることは出来ない。

これこそが本当の「好きなことを仕事にする」ではないだろうか。









このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月22日木曜日

うさぎギター!?気になっている機材~Rabbit is






うさぎが好きだ。

可愛いようさぎ。

僕はギターにうさぎステッカー貼るくらいうさぎ好き。ほぼトレードマークと言ってもいい。誰か言ってくれ。

ギターストラップのうさぎ柄なんて見つけると欲しくなってしまう。

そんなこんなでいたら、こんなギターを発見した。



Rabbit is


http://www.rabbitis.com









こ、これは、俺のためのギターじゃ。








Rabbit is とは



国産ギターの中では有名なCrewsにいた方が立ち上げたブランド。

ボディはレスポールJr.っぽい感じだね。




ピックアップは

[フロントピックアップ] クルーズ VEGAS
[リアピックアップ] クルーズカスタム USG ハムバッカー

ということだ。

VEGASはP-90系のピックアップかね。

実はこの間自分の持っているレスポール(タイプ)のギターのフロントピックアップをハムバッカーからP-90(ハムバッカーサイズ)に変更してみたのだけど、このフロントP-90、リアハムバッカーという組み合わせはかなり使いやすいです。オススメです。



試奏動画



いくつか試奏動画を。














これなら買える?




こりゃ、欲しいけどさすがにギターばっかり買ってるわけにもいけない。

けど、せっかくうさぎなのにと思っていたらこんな商品が。





http://www.rabbitis.com/select/accesary/gig-case/


ギグケース!これなら買える!

前にCUNEのギターケース一目惚れしたけど、これも良いなぁ。

というかこの調子でアクセサリー系も充実させて欲しいなぁ。








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月21日水曜日

【コンビニ】サンクスがファミマに経営統合されて消えていく、僕の思い出とともに





もう7年半の付き合いになるのに、とうとう別れの日が近づいている。

そう思うと、一抹の寂しさが込み上げてくる。

そう。いつだって人は失う時に大切さに気付くのだ。

とうとう気づいてしまった、今までの僕らの関係ではなかったソレに。そうやって徐々に新しい顔を見せて、いつの間にか僕とサヨナラしてしまうのかい?

『ネウロ』で春川教授に対して刹那がこう問いかける。


「たぶん、もう来る。
私じゃない私が」
「私がこの先どんなに壊れても今の私を忘れないで
今ここであなたと話している…
この一瞬の刹那を忘れないで」

春川と同じだ。僕には為す術などないのだ。





なんだ。

この。

この。


ファミチキ


は。

それに、今までなかったはずの無印良品まで

君にそんな面があったとは知らなかったぞ。







消えゆくサンクスと始まるファミマ化



回りくどい話はここまでにして、サンクスがいよいよファミリーマート化してきている。

上に書いた通り、無印良品の取り扱いや、ファミチキがサンクスに並ぶようになった。

僕の会社のすぐ近くにはサンクスがあるので、お昼はかなりの確率でここで買っていた。

僕はサンクスが好きである。

特にサンクスのパスタが好きで、おそらくサンクスの店員の中では「ヨーグルトパスタ野郎」と呼ばれている。そういうパスタではない。ヨーグルトとパスタをしょっちゅう買っているからだ。


特にミートソースパスタは他のコンビニと比べると明らかに美味しい。
でも、最近のソース増量は余計なお節介であるし、なんかここ2年くらいで味が変わったけど。


まぁ、パスタだけで言えばローソンも美味しい。特に生パスタのボンゴレは下手なイタリアンレストランなんかより美味しい。

でも、僕はサンクスを選んだ。


何故か。


信号を渡ってローソンに行くのが面倒だからに他ならない。

つまり、信号さえなければ僕はローソンで「ボンゴレヨーグルト野郎」と呼ばれていたのだ。

そうならなかったのもサンクスがあったおかげである。


個人的な話題が続いて申し訳ないが、家の近所にサンクスがない。
唯一あったのも潰れてしまった。

その割りに家の近所はファミリーマートの出店ラッシュである。ここしばらくの間に半径200m以内に2店舗できた。

こんなペースで出店しているのに、まだサンクスを手中に納めようとしているのか。am/pmだけでは飽きたらなかったのか。

その外堀はセブンイレブンばかり出来るし、この二大勢力は衰えを知らない。

そう、消えていくのだ。サンクスは。
果たして僕はこのパスタをいつまで食べられるだろう。

これからは一食一食、一口一口を噛み締めるように食べよう。


書いてたらローソンのボンゴレが食べたくなってきた。


余談



どうやらサンクスの焼き鳥やCherie Dolceなどのオリジナルブランドのデザートは残るらしい。

おかげで「パステル買ってる場合じゃねぇ」でお馴染みの窯出しとろけるプリンは残りそうである。
パステルのプリンも好きだけど。


そこそこ長年使ってるだけに、無くなるのは寂しいものだ。

最後に一言告げるなら、もちろんこの言葉だろう。


THANKS!








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月20日火曜日

【都市伝説】陰のサミット「ビルダーバーグ会議」と人工知能






関暁夫の都市伝説を勝手に掘り下げていくシリーズ。

今回は世界の有力者が集まり「陰のサミット」ともいわれているビルダーバーグ会議について調べてみようと思う。



ビルダーバーグ会議について



現在世界で最も影響力のあるといわれているロックフェラー一族が出資している。

概要はWikipediaから引用しよう。


ビルダーバーグ会議は、世界的な影響力を持つ政治家や多国籍企業・金融機関の代表やヨーロッパの王族、貴族などの代表者による会議であり、非欧米諸国からの出席者は少ない。

出席者のおよそ2/3が多国籍企業ないし多国籍金融機関の経営者、国際メディア、およそ1/3が各国の政治家と言われている。毎年、アメリカから30人、欧州各国から80人、国際機関などから10人とも言われている。また、著名な大企業であっても自薦では参加者を送ることができないと言われている。

第二次世界大戦後の大西洋関係の再構築にビルダーバーク会議は極めて重要な役割を果たしたとする見解がある。


政治家も含まれているとしても、政治ではなく経済面の権力が集まった会議というイメージでいいだろうか。
この会議が世界で重要なものであるとされているということがここからでも分かるだろう。

しかし、毎年開催されているビルダーバーグ会議、ニュースで訊いたことあるだろうか?

会議は非公開ではあるが、出席者や議題は公表されている(全てとは限らないというところが都市伝説の生まれる所以である)

ということで、せっかくなので今年の議題を見てみよう。








2016年ビルダーバーグ会議議題



こちらのサイトを参考とする。

https://www.trendswatcher.net/03-2016/geoplitics/ビルダバーグ会議2016-part1/

2016年の議題は


・時事
・中国
・ヨーロッパ:移民、経済成長、改革、ビジョン、統一
・中東
・ロシア
・米国政治状況、経済:成長、債務、改革
・サイバーセキュリティー
・エネルギーと商品価格の地政学
・プレカリアート(無産階級・賃金労働者)と中流中産階級
・技術革新



とのことである。ざっくりしてる。

社会情勢によるものが多いようだ。特にイギリスのEU離脱もあったりしたしね。

ちなみに今年の世界情勢の中で最も話題となったのはドナルド・トランプがアメリカ大統領選勝利が挙げられる。

しかし、ビルダーバーグ会議の面々はトランプのことをあまりよく思っていないようだ。

https://www.trendswatcher.net/latest/geoplolitics/ビルダーバーグ-グループと敵対関係にあるトランプ/

ビルダーバーグ・グループと敵対関係にあるトランプ

果たして来年の会議はどうなるのだろうか。
議題が気になる。





ディープ・マインド社



さて、最初の記事の話に戻るが、この記事の中で注目すべきはこの文である。


IT企業からの多くの参加者も注目される。2014年からIT技術革新や人工知能研究が重要議題となっており、その傾向は今年も続いている。なかでも、人工知能企業のグーグル・ディープマインド、オープンAI、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービスのLinkedin、CIA支援を受けている政府省庁や法執行機関にデータ分析を提供しているビッグデータ企業のPalantir Technologies、Facebook、PayPalなどの創立者やCEOの参加が予定されている。


そう2014年から人工知能の話題が重要議題に上っているのだ。

この中に出てくるディープ・マインド社の名前を訊いたことある人が多いのではないか。
ディープ・マインド社が開発した人工知能プログラム「アルファゴ(alphaGo)」が、今年に入り現役囲碁世界王者イ・セドル九段に勝利した。




そして、ディープ・マインド社に出資した一人であるスペースX社のイーロン・マスクは2014年にこんな発言をしている。

ディープマインドのような企業を知らない人には、どれくらい速いのか検討もつかないだろう──それは指数関数的な速さで進化しているのだ。そして何かしら深刻な危険が、5年以内に起こるだろう。

※発言については後に撤回している





そして、ディープ・マインド社に出資したのは人工知能の監視をするためだとも発言しているのだ。


しかし、一方でディープ・マインド社のCEOであるデミス・ハサビは2015年にはこう発言している。

「人間と同等の汎用人工知能ができるのは、まだ何十年も先の話です。でも5年か10年後には、何かしら役に立つものはできると思います。ぼくたちはいま、梯子の1段目に上ったところです。この先10や20のブレイクスルーを起こさなければ、その梯子が全部でいったい何段あるのか、そして『知性とは何か』を解明することはできないでしょう」





だが、人工知能の凄さは自分で学習していくことである。
上にある囲碁の話でいくと人工知能は「あと10年は勝てない」と言われてきたのだ。

つまりは想像以上のスピードで進化していく。

果たして、人工知能はどこまで成長を続けるのだろうか。

そんな未来が決してメディアでは流れないビルダーバーグ会議で語られているのだ。

気になる。

☆都市伝説関連

都市伝説 関暁夫の最新刊に隠された秘密「Dの意志」
人工知能ロボットのペッパーは映画アイ,ロボットのサニーになれるのか
【都市伝説】関暁夫が語った人工知能Siriの嘘ともう1つの嘘
【都市伝説】田畑藤本の藤本淳史が語るテロメア不老不死
【ゾルタクスゼイアン】人工知能Siriに「なぜ学校に行くの」と聞くと…
君が夢を願うから、今も夢は夢のまま
VRについての話~仮想現実を巡る都市伝説編
【都市伝説】ビル・ゲイツは軽井沢の別荘で何を企んでいるのか













このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2016年12月19日月曜日

Part time love affair歌詞解釈〜パートタイムの恋人





「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」のカップリング"Part time love affair"の歌詞について考えてみたいと思う。

感想記事ではまだ掴みきれていないということで、あんまり深く掘り下げなかったけど、個人的には大好きな部類の晴一さんの歌詞なので、あらためてしっかりと向き合ってみようと思う。


【関連記事】
【感想 】ポルノグラフィティ「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」







ポルノグラフィティ / Part time love affair 歌詞解釈





歌詞を通してみていくと、を連想するワードが使われている。

マーメイド、海底、荒れる波など。

海は主人公の心情を表しているものだろう。
そこからは心穏やかではないし、失意とも言える感情が読み取れる。

そして、歌詞の中で使われているマーメイドという言葉。

"LiAR"の歌詞解釈の時には『マッチ売りの少女』を引用したけど、今回はアンデルセンの『人魚姫』を少し引用したい。

ディズニーのリトル・マーメイドとは違って、原作の『人魚姫』はとても辛く悲しい話だ。

王子と結ばれぬ運命と知った人魚姫は、唯一人魚に戻る方法として、ナイフを手に王子のもとへ行く。しかし、愛した王子を遂に刺すことはできず、海に潜ると泡となって消えてしまう。

もちろん男女の違いはあるとしても結ばれないと知りつつ、自分を殺すように悲しい夢を見てしまう主人公は、どこか重なる。

限られた逢瀬の時間の中で想いを打ち明けたとしても、君はあっさり躱してしまう。
淡い期待さえも泡のように消えてしまった、主人公は車を降りた君に何も言えないのたろう。

そう、海底に沈む。

まるで、海の底で物言わぬ貝のように。そういえば、人魚姫も言葉を失うんだった。



Why



主人公から出る言葉は「Why」ばかり。


なぜあいつより早く出会えていなかったんだろう?
なぜあいつを選んだのだろう?
想いを知ってるはずなのになぜ?

歌い方からしても、印象的なフレーズである

「電話をかけちゃやだよ」

とても、子どもっぽい言葉だ。

そして、

「指切りをしたでしょ?最初の日に」

まるで子どもを諭すような言葉。

解釈書いてた中で主人公は思春期くらいの本当に子どもなんじゃないかとさえ思えた。例えば教師と生徒みたいな。

でもそうすると「もっと早くに出会えていたらなんて」とか、「君」とするのが合わないなぁと。
子どもっぽい言葉は主人公の「純粋さ」の表れでもあるのだ。

子どものように純粋な気持ちが込み上げても、それを決して伝えることはない。だからこそ、主人公の大人として割り切ってしまう辛さが浮き彫りになっている。



パートタイムの恋人



タイトルからどうしても想像してしまうのはスティービー・ワンダーの"Part Time Lover"である。大好きな曲だ。






そして、この曲を意識すると、このフレーズが引っかかる。


And then a man called our exchange
But didn't want to leave his name
I guess that two can play the game
of part-time lovers
You and me, part-time lovers
but she and he, part-time lovers

そのとき ある男が電話をかけてきた
でも名前は名乗ろうとしない
僕はわかったよ 男と女の二人は
“パートタイムの恋人”ごっこををするものなんだ
僕と君は“パートタイムの恋人”
彼女と彼も“パートタイムの恋人”


この歌詞を踏まえて"Part time love affair"の歌詞の見え方が変わってこないだろうか。

特に「テーブルの向こうのあいつ」が。「W」のマーメイドが。


少し込み入った事情の二人の逢瀬には



さて、この"Part time love affair"という曲。歌詞を見て僕はもう1曲連想した。





晴一さんが歌詞を提供したBUZYの"パシオン"

・少し込み入った事情の二人の逢瀬
・車での情事
・あとひととき夢を見ていましょう(↔Make me dream again)

こちらは女性が主人公だけど、"Part time love affair"の主人公ととても重なる部分が多い。

僕はちょうど''パシオン"のことを語り倒す記事を書き始めてたとこだったので、尚更この2曲がハマってしまった。そっちの記事はいずれアップします。

名曲なので、ポルノファンの方は是非聴いてみて欲しい。

どちらの主人公も気持ちを秘めたままにしてしまっている。でも想いの強さが同じでもその気持ちの向かうベクトルが違っている。色で言うと"パシオン"はで"Part time love affair"はのような。

同様に"パシオン"は相手のことを想うあまり純情が抑えきれないけれど、"Part time love affair"は相手のことを想って自分は身を引いてしまう。

同じような主人公たちであるけれど、その向き合い方はとても対照的である。

是非聴き比べてみて欲しい。


【関連:ポルノグラフィティ歌詞解釈シリーズ】

AGAIN歌詞解釈~「遥かな昔海に沈んだ架空の街の地図」とは
スロウ・ザ・コイン歌詞解釈~人生の分岐点と正解の道
月飼い歌詞解釈~東から漕ぎだした舟が向かう先
ジレンマ歌詞解釈~ジレンマが示すもの
Hey Mama歌詞解釈(+和訳) 〜あなたのパパは何者?
TVの中のロックスター、憧れと現実
THE WAYのダイアリー00/08/26に涙した理由
LiAR歌詞解釈~揺れてるばかりの記憶のあなた
メリッサ歌詞解釈~自分にとってのメリッサとは
アポロ歌詞解釈~変わらない愛のかたち探してる













このエントリーをはてなブックマークに追加
 

イオンモール八王子インター北がオープンしない理由




八王子インターの近く、道の駅八王子滝山のはす向かいに広大な土地が空いている。

僕の土地である。

もちろん嘘である。





実はこの場所はGoogle Mapにもある通り、イオンモール八王子IC北店がオープンする予定地だ。

当初は2016年3月にオープンする予定であったが、僕がタイムスリップでもしていない限り現在は2016年12月である。

現在も整地したまま建設している気配は一向にない。

なぜなのだろうか。








イオンモールの業績不振?



イオン関連の記事でこんな記事があった。




つまりモール産業自体の業績が芳しくなく、新規出店が遅れをとっているらしい。

しかし、一方ではこんなニュースも。


過去最高益の「イオンモール」 業績好調にはワケがある?

イオンモールは近年、国内モールのリニューアルを積極的に行っています。積極的なリニューアルが好調な業績を支えています。17年3~5月期だけで10モールを、新規テナントの導入や既存テナントの業態変更・移転・改修・増床などのリニューアルを行っています。リニューアルしたテナント数は652にもなります。

日本人は「新しいもの好き」です。リニューアルによりテナントを新陳代謝することで、常に新たな発見と驚きを提供することができます。テナント側としては、生き残りをかけて切磋琢磨せざるをえず、結果としてサービスレベルの向上にもつながっています。また、改修によりモール施設の老朽化の歯止めにもつながっています。

出典 : livedoor NEWS


つまり、リニューアルや地元密着の形で対策をとり、業績を盛り返したとのこと。
しかしながら、リニューアルが先行して新規出店が遅れているのは確かなようだ。

一時期モール産業が飽和しすぎて、内容にも目新しさがなくなってたからね。
どこに行っても栄えてるのはイオンモールばかりだし、中身も同じばかりで飽きられてしまう。

道の駅までということではないけど、ちゃんと地の特色を活かしたモールにしていけば、あわよくば観光客まで引きこめると思うんだけどな。





看板について



実は計画が頓挫していたと思われた矢先にこんな看板が出た。




しかし、イオンの広報に「公には公表していない」とあっけなく一蹴されている。


地元民として言っておきたいのは、この立地はひよどり山道路、新滝山街道、国道16号という主立った幹線道路に面している。
イオンモールのオープンで、幹線道路の渋滞も懸念があるのでオープンしなくてもまぁいいやということを思う。


【こんな記事もあります】
雪が降るとテレビ中継が来る街 八王子盆地の気候のせいで八王子が嫌いになりそう
八王子銘菓として人にあげてた都まんじゅうが八王子銘菓じゃなかった件

【うさぎ神社】京都の岡崎神社に行ってきた話
合唱曲の思い出~個人的に好きな曲ランキングTOP5












このエントリーをはてなブックマークに追加