2017年9月21日木曜日

「ギター!?なんか弾いてみて!」という初心者殺しのキラークエスチョン







たとえば女の子が部屋に来たとして、部屋の片隅にある


ギターやるの!?なんか弾いてみて!


と云われたら、この世界の片隅で僕は何を思えばいいんだろう、僕は何を弾けば良いのだろう。

そんなことについてダラダラと書いていきたい。



さらっと弾けたらカッコイイのに




そもそもギターがあるからといって、弾けるとは限らないではないか。

うん。あれは眺めながら酒を飲むために飾ってるんだ、なんて言えるだろうか。いや言えない(反語)
そもそも部屋に呼んだ時点でギターどころではない。

そもそも全く弾けない、というわけではない。それなりなら数曲は弾ける(上手いとは言っていない)
ただし、その曲を「弾いてみて」と言った相手が知っているかどうかと云われれば、絶妙にリアクションに困るような曲しか覚えていないのだ。

たとえばさらっとネタ的にマリオやらトトロやらを弾けたら無難にやりすごせるだろう。
要するに「みんな知っている曲」を弾くことだ。

だって僕ほとんどポルノとかしか弾けないよ。しかも一番知名度ある"サウダージ"だってギターフレーズとしては「あ!これサウダージ!」となるほど判りやすいフレーズはない。

あ、ここまで書いて気付いた「PANORAMA×42」ツアーの時みたくサビのフレーズをさらっと弾けばいいのか。


結構こういう「さらっ」と弾けるフレーズがなかったりする。

ということでもう一つなかなかに困ってしまうのが「試奏」である。










試奏=ある程度弾けるみたいな風潮




試奏するときの謎のプレッシャーは何なのだろう。

分かってるんだ。誰一人僕になんて興味ないなんてことは。

僕のような自意識過剰&被害妄想ギタリストはたくさんいるはずである。いてくれ。

本当に初心者であれば店員さんに全て身を委ねていれば良いのである意味楽なのである。
だが中途半端にそこそこ経験のある僕は、手に持った瞬間に「何弾こう」と頭がホワイトアウトしてしまう。

部屋だと適当に弾いてればいいんだけどね。しっかりツケは回ってくる。

いっそ試奏は完全防音の個室とかにしてくれりゃいいのに。


たとえば僕が女子高生~女子大生くらいの女の子であれば「えー何弾いたらいいか分からない☆(ゝω・)vキャピ」といえば、たぶん店員が弾き方からLINEの連絡先から何から何まで教えてくれるだろう。
我ながら書いてて気持ち悪くなってきたのでこれ以上はやめておく。


かつてシド・ヴィシャスが言った。


ただコード弾いてブーンって鳴って、そしたら音楽だ。


もういっそ試奏は「ブーン」の音だけで判別してはダメでしょうか。ダメですね。


「いつも弾いてるフレーズをそのまま弾けばいいんだよ」

とは分かってるんだけど。


なぜ人は簡単なこともできなくなってしまうのだろう。


人はなぜ争い続けるのだろう。


ブーン







【関連してなかった記事】
ギターの弦のオススメは〜メーカー別の特性〜
ギターボーカルに負けるな!リズムギタリスト特集 part.1
音楽でダイエット ドラムやボーカルの消費カロリーは?









このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年9月20日水曜日

【考察】人はなぜギターを買った矢先に次のギターのことを考えてしまうのか




ギターを買った時に、

「なんて素晴らしい買い物をしたんだ!もうこれさえあれば俺は無敵だ! 」

と思うことはないだろうか。

もしくは。

「憧れのギターをようやく手に入れたぜ、ヒャッハー! 」

という気持ちである。

ところが数年後、或いは数か月後、或いは翌日、万が一には数分後「あーあのギター欲しい」と思ってしまう心理。今回そんな心理について本気出して考えてみたい。



限りなき欲望




端的に言ってしまえばギターが可愛いからだ。

「メーカーもサイズも形も素材も違うから音が違うんだよ!」とは言う、一応。

でも身も蓋もないことを言ってしまえば、90%はルックスが良いかどうかなのである。だって例え音が良くても見た目が(個人の主観として)ダサいギターであれば持ちたくはならないだろう。

そして、世にはあまりにも魅力的なルックスのギターが溢れ過ぎている。

一本買ったら次が欲しくなるということではなく、随時100本くらいは欲しいギターがある中で予算や出会いなどで優先順位をつけているだけではないだろうか。

Mr.Childrenの"GIFT"という名曲。その中でこんなフレーズがある。


地平線の先に辿り着いても 新しい地平線が広がるだけ


同じである。まさに終わりなき旅だ。

無論、音の違いも間違いなくある。
ストラトの年代ごとの音の特性を聞き分けるなんて芸当はできないが、ピックアップの音色の違いは判りやすいだろう。

それでもジミー・ペイジがテレキャスターで弾いた曲をレスポールと間違えている人がかつて多数いたように、人間の耳など所詮はそんなものなのだ。

なのでルックスはギタリストにとってモチベーションを上げるためには重要な要素なのである。


何が近いかなと思ったときに女性でいえばバッグや財布をたくさん買ってしまう心理に近いのではと思った。

なので、調べてみると。


カバンを沢山買ってしまう人の心理とは。なぜ一杯あるのにまたバッグを買うのか

この記事の中で、

1.ファッションに合わせてバッグも変えたい2.飽きっぽい性格3.カバンを多く持つことでステイタスを求めている4.ジャストサイズのカバンにこだわる5.理想のカバンに出会えていないバッグの使い方は恋人への扱いに似ている

と項目があるが、ギターに置き換えても違和感ないものがかなりないだろうか。










それでもちゃんと使い分けてる




ルックスで揃えてるだけではないということはあらためて明記しておきたい。

元来僕は好きアーティストがバラけすぎているのだ。その中で何でもありというポルノグラフィティ新藤晴一というギタリストに心酔してしまった時点で後戻りはできないのだ。

レスポール、テレキャスター、時にはストラトや335、その他多数。とても一本でカバーしきれる訳がない。

というかそんな中で新藤さん家の方はどんどん買い増ししていくんだもの。


結果的に僕も家には"それなりの"本数のギターが備わることとなった。

もちろん送られてきた曲にギター入れたりといったこともしているので、ちゃんと使い分けはしているつもりである。

だが、もしこれからどうしてもガットギターの音を使いたいとしたらどうする。
もちろん家にはない。となると、買うしかないではないか。

ということで僕はいま、猛烈にエレガットが欲しい。


新藤晴一使用機材~エレガットGibson Chet Atkins CEC編


上に書いた通り聴いた人間が判別できるとは限らない。
だが独りよがりの達成感を得るためにはその音が必要なのだ。




120本の欲求








斉藤和義の弾き語りライヴを見た。
CSで放映されたものだが、その中でインタビューもあって「ギターは何本くらい持ってるんですか」という質問。

「何本ですかねぇ」と言いつつ「120本くらいあるかもしれませんね。持ってる人はもっと持ってますが」という回答。

「今回の(弾き語り)ライヴでもステージ上にたくさん並んでましたが」という質問に、「まぁチューニングが違ったり、カポ付けたり、あとは音色も違いますしね」と答えつつ言葉を続けた。

「でもやっぱり見せびらかしたいんですよね。実際二本くらいあればなんとか事足りるので」

これだ。これこそがギタリストの本質なのだ。

僕は以前ジョン・メイヤーがやたらとストラトを何本も使い分けるのは「自慢のためだ」とどこかで書いたけど、そうでしかあり得ないほど本数を使っている。


ギタリストがなぜライヴ中にギターを持ち替えるのか


「弾くというよりも、ギターを眺めてるのが好きなんですよね」と斉藤和義は言った。
とにかく頷くしかない。

そう。先にも書いた通りギターを買うときは大抵ルックスが主で手に入れる。なのでギターは眺めているだけで楽しいのだ。可愛いのだ。ギター眺めながら酒が飲めるほど。


はい。長々書いてきたが、この記事を一行に要約しよう。


「自己満足だこのヤロウ」


以上。考察という名の言い訳コーナーでした。








【関連記事】

「ギターとはワインである」 ~ギターの"良い音"論争に終止符を
ギターは金融資産になりうるのか ローズウッド輸出入問題










このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2017年9月19日火曜日

(再掲)知ってる?アーティストが突然ソロ活動を始める理由







バンド好きをやっていて、ある日突然メンバーの◯◯のソロプロジェクト始動!みたいなニュースを見たことはないだろうか。

特に、ある程度メジャーどころのアーティストにその傾向が強く見られる。

今回はなんでアーティストは突然ソロプロジェクトを始めるのか、その理由について書いてみたいと思う。

後半で晴一さんとTHE 野党の活動についても触れているので、THE野党の活動について思うことのあるポルノファンの方は是非目を通していただけるとありがたい。










自由な音楽制作



ソロ活動を始める動機としてはこれが一番ではないだろうか。

メジャーアーティストになるほど、そのアーティスト名はブランドとして確立される。

そうなってくると、もはやバンドはメンバーだけのものではなくなり、レコード会社やプロデューサーなど全てひっくるめた「プロジェクト」となる。
特にメジャーレーベルのアーティストに関しては規模が膨大となり、社を上げたプロジェクトともいえる。


響きはよくはないが、アーティストを売り出すにはそれなりの投資が必要で、ブランドイメージをある程度維持していくには、それだけ手間と費用がかかる。

アーティストの人気が上がるほど母体は増大し、バンドの意思決定だけで軽々動かせる存在ではなくなってしまう。
バンドマンといえば自由奔放というイメージだけど、新しいことに挑戦したいというミュージシャンには窮屈な部分もあるのではないだろうか。


云わばシャネルのブランドの新作を制作しているのにデザイナーが俺今度はシャネルで安全靴出したいんだと言うみたいな。
稀にそういうトリッキーなことをしてしまうケースも多々あるけど、大方新しい方向性を見出だして行くのは有名になるほど難しくなる。

そんな挑戦を繰り広げていくタイプのブランドもあるけど。


そこでアーティストはソロとして活動を始めるのだ。

ソロ活動にすることで、バンド(アーティスト)というブランドし縛られない自由の利く活動ができる。
自分のソロプロジェクトであるから、ある程度のことまでは自分でコントロールできるようになる。その分責任も増すことにはないるが。

もちろんソロ活動としてお薬に手を出したりしてしまっては本業にも影響(損失)を与えてしまうことにもなる。


ソロ活動ということではないが、細美武士は the HIATUSとMONOEYESを掛け持ちしていたり、楽曲スタイルによってバンドを使い分けるといった活動もそうした理由からきているのだろう。エルレ再結成してくれ。



セールス面でのプレッシャーがなくなる




似た理由になるが、これもリリースする側のアーティストにとっては重要な話題だ。


ポルノグラフィティで例える。

ポルノは晴一さんは THE 野党としても活動している。

これはまさに、ポルノグラフィティという巨大プロジェクトから外れ、自由な音楽制作ができるということからスタートしたプロジェクトである。


以前インタビューでも「ポルノは自分たちだけのものではない大きなプロジェクトだ」と言っていたことが何回かある。


よく話題に出る曲出し会議などもその一環だよね。


ポルノグラフィティという名前で出す以上、それなりに費用をかけたプロモーションがあり、それに見合うある程度の結果が期待される。


なので、曲をリリースするということについても「セールス」というプレッシャーがついて回る。晴一さんがインタビューで「シングルは数字に結果が出るので緊張する」という旨の発言をしている。


逆にアルバム曲はシングルに比べれば自由が利くので作ってて楽しいとも言っている。


そうしたプレッシャーにとらわれず音楽制作をするためにソロプロジェクトを始める要因になる。

THE 野党の活動始める時ファンからはあれやこれや言われていたが、結果的にポルノでの音楽性も広がった気がするし、ポルノとしての活動を止めずに続けてるしね。


むしろ僕は晴一さんのセールス面に触れる話題などからも、そのプレッシャーの大きさを感じるので、そのプレッシャーを発散させるのにも、僕はTHE 野党の活動していくことは悪くないと思っている。


たとえば受験をしたことのある方は一年間試験が終わるまでずっと心が落ち着かない気持ちにならなかっただろうか?

結果を求められるということはそういうことだ。それを17年間続けてきたとしたら、人間は憔悴して疲れきってしまう。

この世でどれだけのバンドが消えて行ったか想像するのは簡単だろう。


だからこそ息抜きになる時間を作ることで、逆にいざ集中という時には、さらに集中した活動ができると思う。


岡野さん?彼は釣りがソロプロジェクトです



まとめ




ということでアーティストがある日突然ソロプロジェクトを始める理由について書いた。

上の中でプロジェクトに触れたが、こう書いてしまうと悪く見えてしまったかもしれないが、それだけ多くの人がアーティストを売りだそうと真剣に話し合っているということだ。
その中から生まれた素晴らしい音楽もたくさんある。

実際には様々なパターンがあるのだが、少なくともポルノチームは良いものを世に出そうという議論に基づいていると思う。

一辺倒に批判せず、好きなアーティストであればこそ応援してあげて欲しい。

まぁ、世の中にはソロプロジェクトのはずが、最もソロ活動を楽しみすぎてそれが本業になってしまったアーティストもたくさんいるが。









このエントリーをはてなブックマークに追加