2018年5月20日日曜日

「音楽に政治を持ち込むな」~ミュージシャンは主張をするべきか




※この記事は過去記事に加筆修正をしたものです


2016年のフジロック辺りから何かと話題となった「政治と音楽」問題。

下書きに書いておいたけれど、内容が内容で政治の話題なので公開すべきか迷ってた。

たとえばトランプ大統領の就任などでもミュージシャンが政治的な発言も何かと話題となったので、自分としても残しておこうと決意して公開する次第。
これに関しては色々な意見があると思うけど、一つの意見として見てもらいたい。

テーマは、

音楽と政治~ミュージシャンは主張をするべきか





ロックとは




そもそもロックとは社会に対しての若者の叫びである。

それが70年代のパンクムーブメントであり、音楽を通して無責任な大人への強い主張をしていくことになる。

少なからず若者が抱えている不満を代弁していたのだ。

こうしたルーツまで遡っても、音楽と政治というものは切り離せない関係にある。
社会への鬱憤を若者が晴らすための、数少ない手段なのだ。

ポリティカルな主張といえばRage Against the Machineのトム・モレロくらい突き抜けた経歴があればその主張も分かるんだけどね。






トム・モレロ


1982年、トムはハーバード大学に進学。政治学を専攻し、1986年に主席で卒業。LAに移り、民主党のアラン・クランストン上院議員の秘書を務めるが、政治思想の対立から解雇される。

ロック・アップ時代に知り合い、別のバンドで活動していたザック・デ・ラ・ロッチャのラップスタイルのボーカルに衝撃を受け、バンド結成を持ちかけ、ザック、ブラッド・ウィルク、ティム・コマーフォードと共に、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンを結成。1992年にはエピック・レコードと契約し、ファーストアルバムをリリース。4枚のアルバムを発表し、バンドが発する政治的メッセージやサウンドが人気を呼び、一躍トップバンドの仲間入りを果たす。










ネットの登場




現代はネット(SNS)でいくらでも自分の主張を出すことができる。

同時に様々な意見や思想を見れるようになった。
言論が溢れかえるほど飛び交い、食傷気味になってしまうほどだ。

そんなご時世、誰しも音楽に自分の気持ちを委ねなくても、自らの言葉として主張することができるようになった。


そうなると音楽は若者の怒りの代弁という役割を担わなくてもよくなった。


代わりに主張することとなったのが若者の恋愛感で、それがポップパンクとか日本でいう青春ロックの流れになったのかもしれない。


それでもヒップホップ界隈とか、アンダーグラウンドの世界ではまだ受け継がれてはいたけど、それはメインのムーブメントとはまたちょっと違う気がする。まぁエミネムとかは。うん。



音楽で政治を語ること





新たな世代の代弁者として登場したのがGreen Dayだった。パンクでないとかそういうことはここでは置いといて欲しい。

当時のブッシュ政権のおかげ(せい)で不満が募っていたアメリカの若者に耳なじみのいい音に乗せたGreen Dayの主張は見事に受けた。なんだかんだ言われてるけど僕も「American Idiot」は素直に良いアルバムだと思う。






少なくとも音楽がまだ現状への不満を爆発させる起爆剤とも成り得るという証明にはなった。

しかしながら、そもそも音楽は政治と密接な関係もなくはない。
クラシック音楽が宮廷などで演奏されるために創られたり、時代を表現することも音楽の役割だからだ。



ミュージシャンとして




かつてMr.Childrenの桜井和寿は言った。


ミュージシャンがライブ会場などでメッセージを発信することもあるが、彼らが信頼されてるのは音楽があってこそ。なのに自分自身が信頼されていると勘違いし、言葉を発信するのは謙虚ではない」



そう。音楽家であるならば、あくまで主張は音楽ですべきである。

今回の大統領選でミュージシャンが強い主張で反対運動を起こした。
大統領選についてはまたあらためて書きたいことがあるけれど。

ミュージシャンの武器はなんであれ、やっぱり音楽だと思う。
音楽以外で主張したいのであれば、自分が政治家になって声を上げるべきだ。

僕は今のところそこまで悲観していないけど、これから世界がどう動くか分からない。そんな中でミュージシャンはどんな音楽を残していくのだろう。









【こんな記事もあります】
おっさん臭く言わせて欲しい、"また今度"なんて言ってる間にそのバンド死ぬぞ
音楽文.comが激アツすぎて音楽好きは素通り禁止








このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2018年5月16日水曜日

Mr.Children"HANABI"歌詞解釈~花火のような光の意味とは




夏が近づいてきた。

今年は気が早いようで、春なのに真夏日を記録したり、花たちも早く咲いているようだ。

さて、夏の花といえば花火である。

ということで、かなり強引な展開だがMr.Childrenの"HANABI"の歌詞について書いてみたい。







水が死ぬ




まず最初に、この曲がツアー「REFLECTION」で披露された際に桜井和寿はこう語っている。少し長いが"HANABI"を語る上で重要なものなので引用したい。





「僕は金魚を飼っていて。ある日金魚が弱っていってしまって、金魚を買ったお店に訊いてみたんです。そうしたら『あ、桜井さんそれではダメですよ』って云われたんです。
なんでも、水は常に動いて酸素を取り込まないと、腐ったり、死んでしまうっていうんですよ。"水が死ぬ"ってその時に初めて知って。これは曲になるぞと。
これって人の心も同じじゃないかなと思いまして。人の心もドキドキしたり、ワクワクしたりして動かしてないと、死んでしまうんじゃないかなと。そう思って創った曲です」

それから披露されたのが"HANABI"である。

これを友人と一緒に見ていた時、二人とも"HANABI"だと思ってなくて、イントロが流れ観客から湧き上がる歓声と同様に、声を挙げたのを覚えている。

ドラマの影響もあるけれど、この曲はイントロの歓声が人一倍大きいように感じる。それだけの人気曲ということだ。

歌詞について触れるのであれば、この曲の発端となったこのエピソードを紹介しないことにはいかない、ということで引用した次第である。

余談だが、これを見てから数年後に我が家にも金魚を飼うことになり、口をパクパクさせてる姿を見る度にこの"水が死んでしまう"という話を思い出す。

これを踏まえて歌詞を見てゆこう。




世界と自分



どれくらいの値打ちがあるだろう?
僕が今生きているこの世界に
すべてが無意味だって思える
ちょっと疲れてるのかな


主人公は強い虚無感に襲われている。
それは「この世界」に対して向けられたものである。

まさに"水が死ぬ"のように、主人公の心は無気力となってしまっており、何にも心動かされない状態となってしまっている。

この曲の構成のポイントとして注目したいのは、サビまでの"タメ"が長いことにある。

Aメロ→Aメロ→Bメロ→Aメロ→サビ

という少し変わった構成になっていて、サビに行くまでの道のりが長い。そしてAメロ~Bメロ部分の歌詞はどれも後ろ向きなものが多く、曲の始めからしばらくは、このもどかしいような感覚が続く。

理想と現実、抱けない希望、切り捨ててきたもの。

世の中で頑張っている全ての人に強く響くのではないだろうか。僕自身、社会でそれなりに"やっていけてしまってる"自分がとても嫌になる時がある。音楽をやってる人たち、それに留まらず"自分がやりたかったことをやっている人たち"そんな「非属」な姿はいつも眩しく輝いて見えるのだ。

主人公もそれがサビ前、「君」の存在の登場によって、その止まった心は少しずつ動き出す。
君の笑顔に触れること、それが僕の唯一の安らぎとなっている。



花火






そこからメロディは盛り上がり、そのままサビに入る。

ちょっと鬱々とした雰囲気漂うAメロとBが長めに取られているので、サビの解放感が更に増す仕組みとなっている。

決して捕まえることの出来ない
花火のような光だとしたって

光とは君のこと、君の笑顔のことだろうか。

或いは。

花火のような光、それは手を伸ばしても決して届かない存在でもあり、未来(=素敵な明日)でもある。たとえ届かなかったとしても、主人公は何度でも「もう一回」と言いながら手を伸ばす。

そう、きっと誰もがそんな微かな希望を胸に生きている。

主人公の心は止まっていたわけではない。本当は「心を止めてしまっていた」のだ臆病風に吹かれ、切り捨ててきてしまったものと一緒に。本心を殺して、無難に"なってしまった"自分の心を抱えながら。

一番の歌詞で「世界」に対して向けられた虚無感、それは本当はそんな世界にしてしまっている自分自身に向けられていたのだ。

考えすぎで言葉に詰まる
自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に立ち振舞う自分は
それ以上に嫌い


そんなことを考えながら、あらためて歌詞を見つめながら聴いていたら、このフレーズがいつも以上に強く自分に突き刺さり、涙していた。


君と出逢ったこと、それによって僕の世界は動き出す。
ポルノグラフィティの歌詞を引用するが"ハネウマライダー"にこんな歌詞がある。

僕たちは、自分の時間を動かす歯車を持っていて、
それは一人でいるなら勝手な速度で廻る。
他の誰かと、例えば君と、触れ合った瞬間に、
歯車が噛みあって時間を刻む。


まさにこの歌詞にあるように、君と僕の歯車が噛み合い、回り出す。








めぐる







滞らないように 揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら


ここで歌われているものこそ、冒頭で紹介したこの曲が生まれるキッカケとなったエピソードに基づいた歌詞である。
水槽の水を循環させて酸素を含ませるように、濾過して綺麗な水を保つように。

心の澱をフィルターに通し、そっと清めてゆく。


2番のサビ。


さよならが迎えに来ることを
最初からわかっていたとしたって

いつか尽きてしまう命。
そうとわかっていたとしても、僕らは未来を、明日を夢見て日々を過ごしている。

まるで"未来"において、

いつかこの僕の目の前に横たわる
先の知れた未来を
変えてみせると この胸に刻みつけるよ

と歌っていたように。「先の知れた未来」を塗り替えてくれたのが、君である。

しかし、この曲が本当に見据えているのは未来なのだろうか。

明日を夢見るため、主人公が大切にしているもの。それこそ君といる"今"である。さよならが迎えに来ることを知っているからこそ、後悔なきように君を強く焼き付けようとする。まるで一瞬で散ってしまう花火を心に焼き付けるように。


※ここからは少し個人的な妄想が強くなるのでご容赦を


さて、主人公にとって君とは誰だろうか、と考えてみる。もちろん恋人かもしれないし、妻にあたる人かもしれない。

でも、僕はこの曲で歌われるものは恋愛にとどまらない、もっと大きな愛情を歌っているように感じた。

たとえば主人公は老齢となり、終わりを強く意識しているのではないか。もしかしたら妻に先立たれてしまったのかもしれない。
そう思った時に一番の歌詞たちは主人公の人生の回想ではないかと思えたのだ。

主人公に残されたのは君、つまりだ。水が循環してゆくように、命もまためぐるものだ。

生まれたての僕らの前にはただ
果てしない未来があって

僕らを呼んでるものもまた"未来"である。

君の柔らかな笑顔こそが、僕にとっての未来であり、世界を美しくさせる存在なのだ。だからこそ心から伝えることができるのだ「ありがとう」と。

どれだけ愛することができるだろう?


それは「君とあとどれだけ未来を見ていられるだろう」とも読み取れる。
残された時間はどれ程だろう。

大きな時の流れの中で人の命はまるで花火のように一瞬にすぎない。

それでも素敵な明日を夢見ながら、僕は今この瞬間を生きている、君を強く焼き付けようとしている。

もう一回、もう一回と繰り返しながら。








【関連記事】

Mr.Children""LOVE 歌詞解釈~あなたは"LOVE"をなんと訳しますか?
Mr.Children「Starting Over」歌詞解釈~ミスチルというモンスター
【25周年】Mr.Children「掌」歌詞解釈~手のひらを太陽に

ミスチル桜井和寿の天才的な歌詞フレーズまとめ10選

歩きながらミスチルの"NOT FOUND"を口ずさんでしまう症候群











このエントリーをはてなブックマークに追加
 

2018年5月15日火曜日

(再)ファンじゃなくても聴いて損はないポルノグラフィティのオススメシングル5枚






※この記事は過去記事に加筆修正を加え再掲したものです


CDが売れない時代である。

アルバムはもとより、シングルなんていうものは本当に売れない。ファン向けのグッズと化している。
もしくは信者選別機ともいえる程の存在となってしまった。

しかし、そんな今だからこそあらためてシングルを聴こうじゃないか。

ということで、今回はポルノグラフィティのおすすめシングルを書こうと思う。

なぜかというと先日の記事で取り上げたファン目線で人気の曲でカップリングの割合がかなり高かったからだ。
ポルノグラフィティを聴くという行為において、カップリングを聴いていないということは、その魅力の38%(当社比)を損していると言っても過言ではない。

なんでもタダで手に入る時代に1200円くらい払って2〜4曲手に入れるという行為は、時代錯誤もいいとこなんだろう。
それでもシングルという文化は面白いものだ。たかが数曲のために1200~1500円程度のお金を払い、僕は今でも楽しんでいる。


そんな思い出の1枚になるかもしれないシングルを今回は5枚選んでみた。

ちなみにタイトルはその辺のライフハックとかでありがちなタイトルにしてみた。身体のどこか分からない箇所がムズムズする。



1. 愛が呼ぶほうへ






  1. 愛が呼ぶほうへ
  2. 夕陽と星空と僕
  3. Hard Days, Holy Night


ポルノグラフィティの中でも屈指の人気を誇るバラード、"愛が呼ぶほうへ"。
あらためて"愛"そのものを擬人化して呼びかけるという歌詞は秀逸である。

そしてカップリングにはファン投票で連続でナンバー1を獲得した"夕陽と星空と僕"が収録されている。
さらには今でも12月のライヴで欠かせないクリスマスソング"Hard Days, Holy Night"が入っているという豪華すぎるシングルだ。

お得。買え



2. メリッサ





  1. メリッサ
  2. 見えない世界
  3. 月飼い



3曲とも「月」がテーマだったりモチーフとなっていて、コンセプトシングルというほどではないが、シングルとして統一されたトーンでまとめられている。

"メリッサ"の人気は言わずもがなだが、カップリング2曲もかなりの完成度。

かけ合いのギターリフがカッコイイ"見えない世界"、晴一さんの歌詞がとにかく素晴らしい"月飼い"と3曲だけなのに通しで聴くと満足度が高い。

ちなみにジャケットは晴一さんが描いている。裏表紙にはなんとも言えないメンバーの自画像があるので必見。買え




3. シスター







  1. シスター
  2. Human Being
  3. 天気職人



まずジャケットが良い。マジックタイムと呼ばれる夜から朝に変わる数十分で撮影されたものだ。

このシングルには通常のシングルとはまた違う意味合いがある。 まずは、Tamaさんが脱退してから初めてのシングルであること。

ちょうど丸5周年を迎えた日のリリースということ。そして、カップリングで昭仁作詞×晴一作曲、晴一作詞×昭仁作曲という新体制が取り入れられたこと。 この3曲を聴いて2人になったポルノグラフィティも大丈夫だと胸を撫で下ろしたファンも多い。買え









4. EXIT






  1. EXIT
  2. Regret
  3. LIVE ON LIVE


ファンの人からすると、少々意外なチョイスじゃないかなと思う。

しかしながら「とうとう月9主題歌!」と息を巻いていたら、ドラマが大コケという悲劇に見舞われ、さらにこれをリリースした直後に東日本大震災が起きたり、何かと不遇な目にあっているシングルだ。

個人的にはとても好きな曲なのだが。

見逃せないのは3曲目に収録されている"LIVE ON LIVE"。以前「BITTER SWEET MUSIC BIZ」の特典映像にしか収録されていなかった曲がライヴ音源として遂にCD収録。

久しぶりの鬱っ気ある岡野昭仁が登場する2曲目と3曲目がとても同じ人が創ったとは思えない仕上がりなので、そこにも注目。買え



5. サウダージ





  1. サウダージ
  2. 見つめている
  3. 冷たい手 〜3年8ヵ月〜
  4. Search the best way


「なんだよ結局サウダージかよ」とか言うな。慌てないでいただきたい。
今からあらためてシングルとしてオススメの理由を書いていこう。

まず、ジャケットの意味が分からない。マジで。

ひとっつもサウダージ感ないし、ミリオンヒット飛ばしそうには到底見えない。

オススメです

というかこのぬいぐるみってプレゼントしたんだっけ?

さらに今でもカラオケ人気ランキングで上位にくるポルノを代表する大名曲の次の曲が、

ド変態ストーカーソング

オススメです

3曲目、4曲目は同じメロディに違う歌詞が乗っているという面白い試み。できた歌詞がどちらも良かったからアレンジ違いで両方入れたというだけある。

オススメです

ちなみに、最後に真面目にオススメのポイントだと思っているのは"サウダージ"の歌詞カードが手紙になっているという点。

山本未來さんが書いてるんだけど、この歌詞カードが本当に素晴らしい。iTunesで買っただけじゃ味わえない、シングルを買ったものならではの特典である。買え。

以上。

今の時代シングルを買うという行為は贅沢品になってしまったのかもしれないけど、ファンとしては買って損はないと思うよ。


【関連記事】
「ポルノ?昔は聴いてたよ」という人をギャフンと言わせる最近のポルノグラフィティの名曲10選
「ポルノDVD買いに行く」と平気でいえる世界

日常生活でポルノグラフィティへの愛が溢れ出してしまう瞬間













このエントリーをはてなブックマークに追加